佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
木造もくぞう閻魔大王えんまだいおう坐像ざぞうほか

指定種別(員数)彫刻(6躰)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市羽茂本郷
所有者または管理者個人蔵

これらの像の像高は閻魔大王が55㎝、その他の十王3像が48㎝、懸衣翁が48㎝、三途河婆が29㎝となっており、いずれも頭部がはめ込み式で、玉眼もはめ込み作り、体は前後矢引き寄造で、内側をくり抜き、彩色が施されたものである。

また、閻魔大王像の胎内前面及び同後面にある墨書の内容から、作像仏に際し弘仁寺が関与していたこと、室町初期の明徳5年(1394)に作り始められたこと、応永3年(1396)が落成の年であったことが判明しているほか、享保元年(1716)に補修されたことが確認されている。

この堂宇には指定の6体の像のほかに、享保の補修時に補充用として制作されたと思われる6体の像も現存し、安置されている。

ページ先頭へ