佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
木造もくぞう聖徳太子しょうとくたいし立像りゅうぞう

指定種別(員数)彫刻(1躰)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市新穂潟上
所有者または管理者牛尾神社

この仏像は、像高82.2㎝、彩色が施されており、胎内銘により、造立年は文和2年(1353)、作者は観讃鑚房であることが確認されている。

『潟上郷土志』によると、この仏像は元々潟上にあった後藤立庵家の太子堂内に祀られていたもので、太子堂取壊しの際に現在の牛尾神社へ奉還されたという。

佐渡では谷地、莚場とこの潟上が佐渡三太子と呼ばれ、古くから聖徳太子信仰が盛んな地域として知られているが、古い造立銘の太子像は現存例が少ないことから、この仏像は中世の佐渡と聖徳太子信仰を研究する上で貴重である。

ページ先頭へ