佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
日興にっこう上人しょうにん自筆じひつ曼荼羅まんだら

指定種別(員数)書跡(2幅)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市泉
所有者または管理者本光寺

曼荼羅は「南無妙法蓮華経」を記したもので、延慶3年(1310)のものは縦97.5㎝、幅51㎝、正和元年(1312)のものは縦95.5㎝、幅50.5㎝、両書とも筆者は日興上人である。

日興上人は日蓮宗の開祖日蓮聖人の高弟で、文永8年(1271)に流罪になった日蓮とともに佐渡に渡り、3年間逗留した後、同11年に日蓮とともに佐渡を離れた。

この曼荼羅はその40年後に書かれたもので、日蓮らが帰った後も佐渡に有力な法華教団が存続し、日蓮一派と深いつながりがあったことを示しており、史料として貴重である。

ページ先頭へ