佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
源氏げんじ物語ものがたり写本しゃほん

指定種別(員数)典籍(57帖)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市千種
所有者または管理者佐渡市教育委員会、佐渡学センター

この写本は、室町時代の著名な連歌師の里村紹巴(さとむらじょうは)が天正14年(1586)に写した「源氏物語」を、享保の頃にさらに写したものである。

源氏物語は平安時代に紫式部により執筆された世界最古の長編物語で、平安時代の華やかな宮廷の有様や貴族の暮らしぶりが仮名文字で瑞々しく描かれた恋愛小説の傑作である。

この写本は、「源氏物語」57帖全てが揃っているばかりか、補作の「雲隠六帖」「湖月抄」も写された珍しいものであり、佐渡には平安時代の作品の写本がほとんど現存していないことからも貴重である。

ページ先頭へ