佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
佐渡さど国分寺こくぶんじあと出土しゅつど人物じんぶつ戯画ぎがかわら

指定種別(員数)考古資料(1)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市八幡(佐渡博物館)
所有者または管理者佐渡市、東教育事務所(真野)管理

この瓦は、昭和48年(1973)に真野地区国分寺の佐渡国分寺跡(国記念物)で整備事業が実施された際、旧金堂回廊付近より検出された。

この瓦は縦約16㎝、横約14.5㎝、小口での厚さ約1.5㎝の丸瓦の破片で、形状が軒丸瓦で、焼成の良好な青灰色を呈し、上部及び下部の一部は欠失しているものの、中央部の表面に人物の戯画とその左側に文字が彫刻されている。

彫刻の人物は頭部の後方一部と腰部以下を欠失しているが、残存部からは律令官人が頭部に頭巾をかぶり、頭の後に2条の撲頭後脚を垂らしていることがわかり、上半身の衣服の領は詰襟形式の盤領(あげくび)、袖は筒袖の袍であることがわかる。下部を欠失しているため袍の裾や袴の形状などは不明であるが、全体として律令時代の官人の戯画をよく残しており、歴史資料として貴重である。

ページ先頭へ