佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
浜田はまだ遺跡いせき出土しゅつど管玉くだたま銅鏃どうぞく

指定種別(員数)考古資料(7)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市真野新町(埋蔵文化財整理事務所)・八幡(佐渡博物館)
所有者または管理者佐渡市、東教育事務所(真野)管理

この出土品は、昭和49年(1974)に真野地区豊田の浜田遺跡で発掘調査が実施された際、第1号住居跡より古式土師器とともに検出された。

これら指定品の内、管玉6個はいずれも緑色凝灰岩を使用しており、その内5個は角柱状の工程までの未成品であるが、古墳時代の管玉として、住居跡に伴う遺物として極めて重要である。

また、銅鏃は住居跡床面から2㎝離れて検出された古墳時代の青銅製の矢尻である。この鏃は現長5.13㎝、身上部幅1.6㎝、厚さ4.3㎜、くびれ部幅1.32㎝、厚さ4.3㎜、基部幅1.45㎝、厚さ5.0㎜、身部現長3.46㎝で先端部が欠失し、柄部は長さ1.67㎝、径4.0㎜で角柱状を呈し、形態は柳葉形である。なお、新潟県における銅鏃の発見例はこの他に佐渡市の蔵王遺跡、上越市の丸山遺跡で表面採集されたものがあるのみであり、浜田遺跡出土の銅鏃は住居跡からの発見例として貴重である。

ページ先頭へ