佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
氏江うじえ元彦もとひこさく刀剣類とうけんるい免許状めんきょじょうおよ御用札ごようふだ

太刀

免許状

指定種別(員数)歴史資料(15点)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市羽茂本郷
所有者または管理者個人蔵

刀剣類の制作者は羽茂地区羽茂本郷の刀匠氏江元彦で、その内容は大刀(刃わたり73.4㎝)・中刀(同54.3㎝)・小刀(同32.3㎝)・薙刀(同46.8㎝)・槍(同31.5㎝)の刀剣類5点と免許状などの書跡9点、御用札1点である。

氏江元彦は江戸時代の佐渡における唯一の刀匠である。文政8年(1811)19歳のときに出府し、刀匠の大慶直胤(たいけいなおたね)について刀鍛冶の技を修めた。その後佐渡に帰り、実家の農業と鍛冶業を継ぐが、禁制の頼母子(たのもし=金銭の融通を目的とする互助組織)を始めたかどで天保14年(1843)に国払いとなり、江戸に出た。江戸では農機具店山城屋を開くとともに、刀匠の伊賀守藤原金道(きんみち)について刀鍛冶の技を磨き、禁裏・公儀御用刀鍛冶の免許を受けたとされる。

10年後佐渡に戻った元彦は、再開した鍛冶業の表看板を刀剣鍛冶としたが、実際は改良型湾形稲扱き「羽茂稲扱きせんば」の製造・販売が中心であり、革新的な企業家として島外でも知られるようになった。

ページ先頭へ