佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
大椋おおくら人形にんぎょうかしらほか天明てんめい古文書こもんじょ

指定種別(員数)歴史資料(一括)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市赤泊
所有者または管理者大椋神社、赤泊郷土資料館管理

これらは、昭和56年(1981)に赤泊地区徳和の大椋神社の蔵より発見されたもので、その内容は人形の頭9点とそれに付随する竜の頭や馬などの小道具と幕、天明元年(1781)から明治5年(1872)にわたり書き記された「大椋大明神様へ年々きしんちやう(寄進帳)」と題する竪帳1冊となっている。

この人形頭は桐の丸太を輪切りにし、粗彫りした素朴なものである。寄進帳によると、同神社では天明元年以前から人形があり、祭りで芝居が行われていたとあることから、江戸時代に制作されたものと思われる。

この人形による芝居は、氏子の仲間同士が例祭で演じるもので、大椋神社の8組の氏子の誰もが習うことができ、氏子内の団結を強めることにも大いに役立ったとされるが、次第に通称「徳和人形」と呼ばれる五郎平人形の人気に押され、明治10年代に人形芝居は途絶えたと伝えられている。

ページ先頭へ