佐渡の文化財

佐渡市指定 有形文化財
佐渡さど金銀山きんぎんざん絵巻えまき

指定種別(員数)歴史資料(10点)
指定年月日平成23年3月1日
所在地佐渡市八幡、相川坂下町
所有者または管理者佐渡市教育委員会、相川郷土博物館管理、佐渡博物館

これらの絵巻は、近世以降における日本最大の金銀山である佐渡金銀山と佐渡最古の砂金山である西三川砂金山の採掘・鍛錬から小判製造までの工程を描いたもので、鉱山で働く人々の様子や関連する施設・建物などが彩色で細やかに描写されている。

これらの絵巻は、鉱山社会だけでなく、それをとりまく近世社会一般を知る上で、文献資料の記述を視覚的に補足する貴重な史料である。

指定された絵巻の内訳

佐渡博物館所有・管理品
「佐州金銀山敷内稼仕方之図」 計 1点

佐渡市教育委員会所有・相川郷土博物館管理品
「金銀山敷内稼方図」「佐渡の国金掘ノ巻」「銀山勝場稼方諸図」「佐渡之昔」「佐渡鉱山絵巻」「佐渡金山絵巻」「西三川砂金山稼場所図」「佐渡銀山往時之稼行絵巻物」「金銀山絵巻」 計 9点

総計 10点

ページ先頭へ