佐渡の文化財

国指定 重要有形民俗文化財
きた佐渡さど海府かいふ両津湾りょうつわん加茂湖かもこ)の漁撈ぎょろう用具ようぐ

指定種別(員数)有形民俗文化財(2,162点)
指定年月日昭和59年5月22日
所在地佐渡市秋津
所有者または管理者佐渡市、両津郷土博物館管理

北佐渡と呼ばれる海府海岸・両津湾・加茂湖の各地域に伝わる漁撈用具を中心に、磯ねぎ・釣漁・網漁などの伝統漁法の用具や関係資料を包括したものとなっている。

大小の漁船も多数含まれており、これらは北佐渡海岸の海況と漁撈法に応じた漁船の特色をよく残している。また、イカ釣具や揚浜製塩用具などは漁獲物が異なる各地域の特色をよく示している。

漁撈用具は北佐渡地方における漁撈の用具と習俗を巨細に網羅しており、質量ともに優れた貴重な民俗資料である。

指定された資料の内訳

磯ねぎ(80点)、釣漁具(967点)、網漁具(87点)、陥穽漁具(21点)、淡水漁具(40点)、揚浜製塩(62点)、製造加工(131点)、漁船(15隻)、船関係(78点)、船大工(58点)、漁具製作・修理(319点)、交通・運搬(66点)、信仰儀礼(71点)、 仕事着・生活(148点)、その他(19点)
総計2,162点

ページ先頭へ