佐渡の文化財

国指定 記念物
下国府しもこう遺跡いせき

指定種別史跡
指定年月日昭和51年6月21日
所在地佐渡市竹田
所有者または管理者佐渡市

遺跡はほぼ四角形の形状をなしており、国中平野に突き出た台地の先端部に広がっている。二重の濠で囲まれた内側には2棟の掘立柱(ほったてばしら=柱を立てるための穴)が残されており、付近からは9世紀前後のものと思われる須恵器の杯(つき)などの遺物が多量に出土している。

この遺跡は詳細不明であるものの、遺跡の所在地が17世紀末の「元禄検地帳」に「下国府」(国府は律令時代の諸国の政庁やその所在地)の名で記載が見られることや、下国府の南に「佐渡国分寺跡」(国記念物)もあることなどから、この遺跡には佐渡国府に関係する建物があったと考えられている。

ページ先頭へ