佐渡の文化財

国指定 記念物
羽吉はよしおおクワくわ

指定種別天然記念物
指定年月日昭和17年10月14日
所在地佐渡市羽吉
所有者または管理者個人蔵、佐渡市管理

このクワは樹高約9メートル、根元幹囲5.2メートル、目通り幹囲2.7メートルに達するヤマグワの巨木で、4本の幹に分かれた枝張りは東西南北それぞれ18メートルに及び、樹齢約1,300年と推定されている。

このクワは昭和19年(1944)の雪害や同36年の台風災害などで幹枝を数本折損しており、古木らしく枯れ枝や枯葉も目に付くが、毎年新緑の季節には若枝が若葉を大量にみなぎらせ、樹勢は今なお旺盛である。

なお、佐渡はかつて山桑摘みの養蚕の島として知られ、「佐渡のヤマグワ三千貫 小倉山に一千貫 二宮の沢に一千貫 梅津と今井に一千貫」と伝承される新潟県下有数のヤマグワの産地であったとされる。このヤマグワは養蚕地であった当地の名残として、古代より伝わるヤマグワのレリック(遺存種)である。

ページ先頭へ