佐渡の文化財

佐渡市指定 記念物
新穂にいぼ大野おおの大イチョウおおいちょう

指定種別(員数)天然記念物(1本)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市新穂大野
所有者または管理者個人蔵

新穂地区新穂大野の宅地内に生育する大イチョウである。道路をはさんだ向かいに清水寺があることから「清水寺の大イチョウ」とも呼ばれている。このイチョウは樹高26メートル、胸高幹囲8.18メートル、根元幹囲10.47メートルに達する巨木で、樹齢1000年と推定されている。

また、このイチョウは昭和24年(1949)の「佐渡郡名木抄」に「新穂村大野 清水寺門前屋敷のイチョウ 胸囲二十五尺(約7.5メートル)、根元土ぎわ板張りの周り三十七尺(約11.1メートル)」と記載があり、文化13年(1816)〜弘化年間(1844〜1847)に記された『佐渡志』にも記載がある名木である。

大イチョウと呼ばれるイチョウの多くは実を結ばない雄木で、栄養過剰になると幹や枝に栄養を溜めて乳房根を垂れ下げる。イチョウが「乳の木」と呼ばれる所以である。このイチョウも雄木で、幹に乳房根が垂れ下がる様は古木であるが、夏の炎天下に芽吹いた幾万の葉が繁る様や、秋陽に輝く何千何万の黄金葉が輝く様は生命力に満ち溢れている。

ページ先頭へ