佐渡の文化財

佐渡市指定 記念物
牛尾うしお神社じんじゃ安産杉あんざんすぎ

指定種別(員数)天然記念物(1本)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市新穂潟上
所有者または管理者牛尾神社

新穂地区潟上の牛尾神社拝殿の手前、参道の東沿いにそびえ立つ巨大な杉は、「孕杉」または「安産杉」と呼ばれてきた神木で、樹齢1000年とも伝えられる。

牛尾神社の境内に杉の大木は多いが、なかでもこの安産杉は、樹高約30メートル、根元幹周10.3メートル、胸高幹周6.7メートルの抜きん出た大きさで、幹はまっすぐ伸びて樹容もよく整っており、枝張りは東西7.7×10.0メートル、南北10.7×8.0メートルに及ぶ。

古くから子授け、安産の杉として名高く、かつては安産を祈ってこの大杉を抱えたり、樹皮を煎じて飲む風習があったという。県下でも有数の天然杉のレリック(遺存種)であり、習俗信仰の名木である。

ページ先頭へ