佐渡の文化財

佐渡市指定 記念物
菩薩寺ぼさつじのしだれすぎ

指定種別(員数)天然記念物(3本)
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市新穂田野沢
所有者または管理者菩薩寺

新穂地区新穂田野沢の菩薩寺の山門前に立ち並ぶ三本の巨大スギは、菩薩寺の本尊の観音像にちなんで「観音杉」と呼び親しまれてきた。いずれも推定樹齢300年以上、山門入口に向かって左側のスギは樹高33メートル、胸高幹囲5メートル、その右側のスギは樹高36.3メートル、胸高幹囲4.1メートル、その右奥のスギは根元から2株に分かれ、樹高35.5メートル、胸高幹囲5メートルほどである。樹勢は良好で、枝葉は地表に接するほどに垂れ下がり、日本海側の多雪地帯において伏条更新(ふくじょうこうしん)しながら繁殖するアシウスギの特徴をよく示している。

ページ先頭へ