佐渡の文化財

佐渡市指定 記念物
小川おがわマルバシャリンバイまるばしゃりんばい

マルバシャリンバイが自生する小川岸壁

指定種別天然記念物
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市小川
所有者または管理者国、新潟県佐渡地域振興局管理

相川地区小川に自生するこのマルバシャリンバイは、急傾斜の岸壁に縦幅20メートル、横幅200メートルにわたり隙間なく分布している。群落中の最大の株は樹高1.7メートルと低いものの、樹冠幅2.3メートル四方で枝葉が混み合い、木1本あたり数百の花を付ける。なお、群落の樹齢は根元の幹径から300〜400年と推定されている。

マルバシャリンバイはバラ科の海岸常緑低木で、厚っぽい円形の葉を枝先に車輪状につけ、白い五弁の花がウメに似ていることから、「円葉車輪梅(マルバシャリンバイ)」の名が付けられた。日本海側では山形県温海町を北限とし、佐渡では海府海岸を中心に分布する。

このマルバシャリンバイは佐渡最大の群落であり、日本海側におけるマルバシャリンバイの植生を研究する上で重要である。

ページ先頭へ