佐渡の文化財

佐渡市指定 記念物
せき鏡岩かがみいわ

指定種別天然記念物
指定年月日平成16年3月1日
所在地佐渡市関
所有者または管理者個人蔵

「鏡岩」と呼ばれるこの岩は、相川地区関の集落南東、大きな垂直状断層面の露頭に見られる鏡状面の石英安山岩である。

地震の主原因は断層のズレにより生じる断層運動とされるが、この運動により断層両側の岩盤上に高温・高圧の摩擦が加わると、断層に沿う岩盤表面に摩擦跡とともに鏡肌(スリッケンサイド)と呼ばれる平滑な鏡状の面ができることがある。

この鏡岩の表面には、垂直下向きの断層運動があったことを示す摩擦跡が多数見られ、鏡状の面が鏡肌であることがわかる。

この断層を生じさせた地震については現在も特定されていない。

ページ先頭へ