メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

「平成25年度 佐渡市バイオマス産業都市構想事業化基礎調査」の委託業者を公募型プロポーザルにより募集します

委託経費は800万円(消費税込)以内、参加表明は12月19日まで

2013年12月6日、掲載

農林水産課 生物多様性推進室 生物共生推進係(0259-63-5117)

本ページの目次

概要

「佐渡市バイオマス産業都市構想」における具体的な事業計画を策定するための基礎調査について、委託業者を選定します。

名称
平成25年度 佐渡市バイオマス産業都市構想事業化基礎調査
事業主体
新潟県佐渡市
選定方法
公募型プロポーザル
履行期間
契約日から平成26年3月28日
委託業務
  • 草木質バイオマスエネルギー利活用プロジェクトの発掘
  • プロジェクトの具体化可能性の調査
委託費
8,000,000円(消費税込)以内
注釈
公募型プロポーザル
委託業者の選定にあたって事業計画や実施体制を提案していただき、一定の基準で評価する方式。

ご応募の際には必ず実施資料をご覧ください。

実施資料

以下、実施資料を一部抜粋して掲載します。詳しくは上記のPDFファイルを必ずご覧ください。

委託業務の内容

「佐渡市バイオマス産業都市構想」に必要なプロジェクトの事業化課題を、具体的に抽出・整理するものとします。

草木質バイオマスエネルギー利活用プロジェクトの発掘

市内の公共施設、民間施設におけるエネルギー利用の把握

重油、灯油、ガスなどの化石エネルギー利用量を把握してください。

草木質バイオマスエネルギー施設導入可能性の検討

採算面を考慮しながら、草木質バイオマスエネルギーへ転換可能な施設を抽出してください。

草木質バイオマスエネルギー利活用プロジェクトの具体化可能性の検討

草木質バイオマス資源利用可能量の把握

モミガラ、剪定枝、スギ、広葉樹などの草木質バイオマス資源に関する集積・収集可能量を把握してください。

草木質バイマス資源の利活用のサプライチェーンの構築可能性の検討

草木質バイオマスエネルギーへ転換可能な施設を対象として、バイオマス燃料のサプライチェーン(搬出・運搬・集積など)を想定し、販売価格や人件費などをふまえた採算性を分析してください。

参加申込者の資格要件等

  1. 本業務の内容と同種または類似の業務の専門的知識を有すること。
  2. 佐渡市の規定による指名停止期間中ではないこと。

実施方法

下記の書類を提出してください。

プロポーザル参加表明期間

平成25年12月6日(金曜日)〜平成25年12月19日(木曜日)午後5時

企画提案書の提出期限

平成26年1月9日(木曜日)午後5時

選定方法

審査日は平成26年1月10日(金曜日)として、選定委員会において、提案内容等を書類審査し、本業務に最も適していると認められる企画提案者を選定します。

審査基準

実施体制
  • 業務の実施体制
  • 総括責任者の資格、実績
  • 業務担当者の資格、実績
  • 類似業務の実績
  • 技術者の確保
提案内容
  • 企画提案書の表現力
  • 業務作業の進め方
  • 業務作業の着眼点
  • 地域特性の理解と反映
  • 行程計画および実現性
その他
  • 見積金額

このページの先頭へ

「入札情報(契約検査室以外)(過去の記録一覧)」へ