メニューをスキップしてタイトルへ



[平成21年度]各会計決算及び各基金の運用状況審査意見書

2011年3月3日、掲載

監査委員事務局(0259-63-3112)

本ページの目次

一般会計

歳入総額514億7,451万5千円、歳出総額499億488万4千円で、形式収支及び実質収支とも黒字決算となっており、また、前年度の実質収支を差引いた単年度収支と、財政調整基金・積立金等を加味した実質単年度収支においても黒字決算となっている。

歳入面における額の大きいものをあげると地方交付税、市税、市債、国庫支出金などである。特に地方交付税は225億8,250万円で歳入全体の43.9%と半分近くを占めている。前年度に比較して特に大きいものは国庫支出金で、二つの追加経済対策などにより39億7,598万9千円増えている。

自主財源は120億1,769万6千円で、前年度と比較すると16億1,071万円の増であり、15.5%上昇しており、歳入全体に占める割合も23.3%と0.2ポイントの増となっている。主な要因は、財政調整基金から一般会計に15億9,204万1千円繰入れたことによるものである。

市にとって歳入の根幹をなす市税は56億4,570万5千円で、前年度と比較すると1億7,895万5千円の減となり、歳入全体に占める割合は11.0%となっている。収入未済額は6億454万7千円となっており、不納欠損額は4,185万円で市税の調定額に対し0.7%である。

市税の徴収率は、89.7%で前年度より0.8ポイント上昇している。収入未済額は2.9%、1,709万4千円の増となっている。一方、不納欠損額は69.6%、9,586万3千円の減となっている。

なお、市税を除くその他自主財源の収入未済額は7,112万9千円となっており、前年度と比較すると18.4%、1,107万2千円の増となっている。

自主財源のうち、保育料の収入未済額は、平成12年度分からの合計で1,260件、1,304万9千円であり、前年度より59万5千円減少している。また、収納率は96.1%であり、0.4ポイント上昇している。また、住宅使用料等の収入未済額は、平成9年度分からの合計で3,353件、4,413万4千円であり、前年度より1,068万円と著しく増加し、収納率も82.2%と低い。

一方、農林水産業使用料や教育使用料のように小額ではあるが、収入未済額が減少しているものもある。市税や使用料及び手数料の未収金については、自主財源の安定的な確保と市民の税負担等の公平性の堅持からも、普段からの未納防止と滞納整理に努力されたい。

市税の収入未済額及び徴収率の推移

 収入未済額(千円)徴収率(%)
17年度448,58492.5
18年度525,96790.9
19年度638,31390.1
20年度587,45388.9
21年度604,54789.7
前表をグラフ化した画像

その他自主財源の収入未済額及び収納率の推移

 収入未済額(千円)収納率(%)
17年度33,06698.9
18年度42,87298.5
19年度51,52598.1
20年度60,05897.6
21年度71,12997.7
前表をグラフ化した画像

歳出の目的別内訳の主なものは、総務費17.5%、民生費17.2%、公債費15.9%、衛生費10.6%、教育費9.1%、土木費8.8%、農林水産業費7.7%、となっている。また、性質別内訳の主なものは、普通建設事業費17.0%、人件費16.6%、公債費16.2%、繰出金12.9%、物件費12.2%、の順となっている。

このページの先頭へ

特別会計

佐渡市の15特別会計の歳入総額は246億2,830万3千円、歳出総額は223億5,268万5千円で形式収支及び実質収支は黒字決算であり、前年度の実質収支を差引いた単年度収支と財政調整積基金積立金等を加味した実質単年度収支においても黒字決算となっている。

国民健康保険特別会計における保険税の収入済額は、11億8,054万2千円で収納率は80.5%、歳入総額に占める割合は15.8%である。収入未済額は2億7,364万6千円、不納欠損額は1,244万4千円となっている。

国民健康保険税(料)の収入未済額と収納率の推移

 収入未済額(千円)収納率(%)
17年度199,25888.1
18年度215,71487.6
19年度238,42987.4
20年度276,13782.1
21年度273,64680.5
前表をグラフ化した画像

後期高齢者医療特別会計における保険料の収入済額は4億4,684万9千円、収納率は98.9%で、歳入総額に占める割合は62.9%である。収入未済額は479万2千円で調定に対する割合は1.1%となっている。

後期高齢者医療保険料の収入未済額と収納率の推移

 収入未済額(千円)収納率(%)
17年度  
18年度  
19年度  
20年度3,52999.2
21年度4,79298.9
前表をグラフ化した画像

介護保険特別会計における保険料の収入済額は10億6,746万6千円、収納率は98.5%で、歳入総額に占める割合は15.4%である。収入未済額は1,567万円、不納欠損額は74万2千円となっている。

介護保険料の収入未済額と収納率の推移

 収入未済額(千円)収納率(%)
17年度6,60398.9
18年度10,43498.8
19年度11,31898.6
20年度12,87598.5
21年度15,67098.5
前表をグラフ化した画像

簡易水道特別会計における使用料及び手数料の収入済額は4億1,824万3千円で収納率は99.4%、歳入総額に占める割合は23.8%である。収入未済額は206万7千円で、不納欠損額は30万1千円となっている。

簡易水道会計決算における使用料及び手数料の収入未済額及び収納率の推移

 収入未済額(千円)収納率(%)
17年度3,37899.2
18年度3,07399.3
19年度2,29599.4
20年度2,54799.4
21年度2,06799.4
前表をグラフ化した画像

下水道特別会計における分担金及び負担金、使用料及び手数料を合わせた収入済額は7億3,079万9千円で収納率は90.5%、歳入総額に占める割合は15.2%である。収入未済額は5,561万3千円で、不納欠損額は2,088万8千円となっている。うち分担金及び負担金についてみると収納率は67.2%と著しく低く、収入未済額は4,818万5千円で前年度より減少しているが、不納欠損によるものが大きいと考えられる。また、使用料及び手数料の収納率は98.6%、収入未済額は742万8千円で前年度より19万7千円の増となっている。

なお、下水道特別会計への一般会計からの繰入金は15億9,454万1千円と、歳入全体に占める割合は33.1%となっている。

下水道会計決算における分担金及び負担金、使用料及び手数料の収入未済額及び収納率の推移

 収入未済額(千円)収納率(%)
17年度24,09596.5
18年度71,54391.2
19年度75,75490.1
20年度82,68989.4
21年度55,61390.5
前表をグラフ化した画像

ケーブルテレビ特別会計における使用料及び手数料の収入済額は1億702万5千円で、収納率は97.3%、歳入総額に占める割合は45.0%である。収入未済額は292万3千円となっている。

すこやか両津特別会計におけるサービス収入のうち自己負担金収入の収入済額は8,728万5千円で、収納率は98.2%、歳入総額に占める割合は14.8%である。収入未済額は158万9千円となっている。

以上、7特別会計における自主財源の収入未済額を合わせると3億5,630万円となっており、前年度と比較すると2,153万1千円の減、収納率は91.9%と1.1ポイント上昇している。

なお、一般会計から特別会計への繰出金は56億7,373万7千円、特別会計から一般会計への繰出金は3,261万円となっている。

このページの先頭へ

むすび

佐渡市の平成21年度一般会計及び特別会計の歳入合計額は761億281万8千円、歳出合計額は722億5,756万9千円となっており、前年度と比較すると、歳入は77億5,466万円の増、歳出は61億1,369万3千円の増となっている。

特別会計も含めて市が自ら徴収を要する自主財源であるところの市税、分担金及び負担金、使用料及び手数料、諸収入を合わせた収入未済額は10億3,197万7千円となっており、調定額に対する割合は7.2%となっている。前年度と比較すると、収入未済額は663万5千円増加しているものの、収納率は92.2%で0.9ポイント向上している。これは債権収納対策課が専門的に扱い、その解消に努めた成果である。

また、平成21年度における不納欠損額は、一般会計4,225万9千円、国民健康保険特別会計1,244万4千円、介護保険特別会計74万2千円、簡易水道特別会計30万1千円、下水道特別会計2,088万8千円で、総合計7,663万5千円となり、前年度と比較すると51.9%となり大幅に減少した。

収入未済額は、自主財源の確保そして負担の公平性の観点から、収納体制のさらなる強化工夫を図り、関係法令等に基づく適確な収納対策を講じるなど解消に努め、また、市民の納付意欲を向上させる取組みにも留意されたい。

不納欠損については、時効中断の手続きを適時に行うなど、いたずらに時効を迎えることのないように努められたい。

今後、行政需要はますます増大すると思われるが、佐渡の強みを活かした産業振興を目指す成長力強化戦略を核とした「佐渡市将来ビジョン」の展開、行政改革と財政改革の断行により、元気のでる島づくりを目指すよう更なる努力を要望するものである。

このページの先頭へ

「監査結果一覧(平成21年度:2009年度)」のトップへ