メニューをスキップしてタイトルへ



佐渡市ケーブルテレビ放送施設放送番組審議会(平成26年度第2回)の概要

2015年2月17日、掲載

総務部 総務課 広報戦略室 広報広聴係(0259-63-5139)

日時・場所・出席者

日時
2015年2月3日(火曜日)、午後14時〜16時
場所
金井コミュニティセンター 2階 大会議室

出席者

佐渡市ケーブルテレビ放送施設放送番組審議会

会長
塚本 明人
副会長
葛野 洋子
委員
野口 雅史、藤井 光、長野 雅子、本間 雅博、最上 俊、佐々木 尚美、北村 龍

事務局

審議番組

佐渡市観光誘客促進特別番組:さどがしまっぷ第4話(食べる)

趣旨説明

「撮る」「作る」「見る」「食べる」「触れる」「見つける」の6つの新たな視点でとらえた佐渡の新たな魅力を島民はもとより島外にも配信し、佐渡への誘客に繋げる。インターネット配信のほかにも東京のケーブルネットワークと連携し、2月中旬から荒川、文京、千代田区で放送される予定。

放送番組審議委員からのご意見

委員

佐渡へ旅する時の参考にはなると思うが、1話30分は長すぎる。

委員

テンポがよくてわかり易かったが、店の紹介をするなら定休日や収容人数などの情報があってもよかった。

店のシェフの「こだわり」のようなものを紹介してほしかった。

委員

紹介した店のコースの料金や所在地の案内がほしかった。佐渡の場合、お酒の紹介もしてほしかった。

委員

「いごねり」の紹介はよかったが、食材の説明などをもう少し掘り下げてテロップなどで紹介してほしかった。トキ認証米のおかずがパックもの(冷凍食品)に思えた。その時の佐渡の旬の食材(生魚など)と一緒に紹介してほしかった。

委員

佐渡産品の提供をPRするサドメシランの紹介もしてほしかった。

委員

取材した店の店員に元気がなかった。(明るくしてほしかった)

委員

30分では全て紹介できないはずだから、番組で紹介できない部分は、ウエブへ誘導するようなアイデアがあってもよい。

テーマを絞り込んでやった方がよい。観光戦略官の主観で見どころをランキングして紹介するような番組も面白いのではないか。

委員

テーマの一つである「見る」は「観る」の方がよい。

この番組を継続するのであれば、タイムリーな放映に努めてほしい。

このページの先頭へ

「ケーブルテレビ放送施設放送番組審議会」のトップへ