メニューをスキップしてタイトルへ



佐渡棚田協議会(平成24年度 第1回)の議事録など

2012年10月9日、掲載

産業観光部 農業政策課 里山振興係(0259-63-5117)

日時・場所・出席者

日時
平成24年6月16日(土曜日)、午前10時〜11時50分
場所
市役所 本庁舎 3階 大会議室
出席者
17名出席(会員12名、事務局4名、その他1名)
資料
  1. 設立基本方針(PDF・約10キロバイト)
  2. 会則(PDF・約20キロバイト)
  3. 事業計画書(PDF・約10キロバイト)

協議会次第

議事経過

開会あいさつ

定刻になり、司会の山本室長が総会の開会を宣言した。

設立趣旨

渡辺課長より趣旨説明がなされた。

基本方針(案)

本田係長より説明がなされた。(資料1)

会則(案)

本田係長より説明がなされた。(資料2)

指摘のあった修正点は、訂正し、改めて会員に送付することで承認。

会員

棚田となっているが、棚田を持っていないところでも会員になれるのか。

事務局

制限はない。

協議会参加者自己紹介

会員より自己紹介がされた。

役員の選任について

下記のとおり選任された。

これより会則第14条第2項により、大石会長を議長とした。

議事録署名人の選出

議長は議事に先立ち、議事録署名人の選出について議長指名でよろしいか伺い承認を得たのち、議長は 仲川純子さんと 渡部学さんを議事録署名人として指名した。

会計、監事、幹事について

会計は、農林水産課が行う。

監事は、未定。(会長、事務局で調整)

幹事は、今後の会員の参加状況により、会長が委嘱。(会則第9条第4項による)

事業計画書(案)について

本田係長より説明がなされた。(資料3)

会員

ホームページ開設は事務局で行うのか。

事務局

当初は事務局で行い、地域おこし協力隊にも協力してもらう。

会員

すでに動いている棚田の事業があるが、その把握が必要。それを知って、棚協参加を呼びかけるべき。

事務局

今事業を行っているところもあるが、先行きが不安ということもある。棚協に入った会員の情報をベースとして、入っていない人の情報も収集して、情報発信する。

会員

別の事業を行っている人を排除してはいけない。棚協に入らなくても保全という目的があればいい。線引きはしなくていい。

事業計画書(案)について承認された。

その他

イオンリテール(株)エリア政策推進 藤枝氏からイオンの取組み説明がなされた。

議長解任

以上をもって総会の議事を終了したので、議長は議事進行協力への謝意表明し降壇した。

以上により本日の議事を終了し、11時50分、司会は閉会を宣言した。

このページの先頭へ

「佐渡棚田協議会」のトップへへ