メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

第1節:計画作成の趣旨

[HTML版]佐渡市地域防災計画:風水害等対策編(平成19年度)(7ページ中:2ページ目)

2007年9月20日、掲載

総務部 防災管財課 防災安全係(0259-63-3125)

本ページの目次
  1. 計画の目的
  2. 計画の性格
  3. 災害救助法との関係
  4. 計画の修正
  5. 計画の習熟等

1 計画の目的

佐渡市の地域における市民生活の各分野にわたり重大な影響を及ぼすおそれのある自然災害等に対処するため、市、県、指定行政機関、指定公共機関、指定地方行政機関、指定地方公共機関等の防災機関がその有する機能を有効に発揮して、市民協力のもとに、災害の予防、応急対策及び災害復旧・復興を実施することにより、市民の生命、身体及び財産を災害から保護するとともに風水害等による被害の軽減を図り、社会の秩序の維持及び公共の福祉に資することを目的とする。

このページの先頭へ

2 計画の性格

この計画は、災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第42条の規定に基づき、佐渡市防災会議が策定する佐渡市地域防災計画のうち次に掲げる風水害等に関する計画であり、本市地域における風水害等の対策に関し、市の処理すべき事務又は業務を中心として、地域内の防災関係各機関の協力を含めた総合的かつ基本的な性格を有するものである。

  1. 風水害(暴風、洪水、高潮、地すべり、土石流、がけ崩れ等による災害)
  2. 雪害
  3. 林野火災
  4. 油流出事故災害
  5. 海上事故災害
  6. 航空事故災害
  7. 道路事故災害
  8. 危険物等事故災害

なお、佐渡市地域防災計画は、「風水害等対策編」及び「震災対策編」、「資料編」で構成し、この計画に定めのない事項は、新潟県地域防災計画に準ずる。

このページの先頭へ

3 災害救助法との関係

この計画は、災害救助法(昭和22年法律第118号)に基づき知事が実施する救助のうち、同法第30条に基づき市長に委任された場合、又は同法が適用されていない場合の救助に関する計画を包括するものである。

このページの先頭へ

4 計画の修正

この計画は、各防災関係機関が策定する実施計画等により具体化を図るものとするが、災害対策基本法第42条の規定に基づき毎年検討を加え、必要があると認めるときは、これを修正するものとする。

このページの先頭へ

5 計画の習熟等

佐渡市及び防災関係機関は、平素から訓練、研究その他の方法により、この計画の習熟並びに周知に努めるとともに、この計画に基づきより具体的な災害の予防対策、応急対策及び復旧・復興対策の推進体制を整えるものとする。また、特に必要と認める事項については、市民及び事業所等にも周知徹底を図るものとする。

このページの先頭へ

「佐渡市地域防災計画:風水害等対策編(平成19年度:HTML版)」の目次へ