メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

第4節:佐渡市の地形地質の概要と過去の地震状況

[HTML版]佐渡市地域防災計画:震災対策編(平成19年度)(5ページ中:5ページ目)

2007年9月20日、掲載

総務部 防災管財課 防災安全係(0259-63-3125)

本ページの目次
  1. 地形・地質の概要
    1. 佐渡市の位置
    2. 地形
    3. 地質
  2. 過去の主な地震(震度4以上)
    1. 新潟地震
    2. 新潟県北部の地震
    3. 佐渡付近の地震
    4. 新潟県中越地震

1 地形・地質の概要

(1) 佐渡市の位置

本市は、新潟県のほぼ中央の日本海上に位置する離島であり海岸線は約280キロメートル、面積は、855.25平方キロメートル、広ぼうは、東西32.70キロメートル、南北に59.50キロメートルである。

極東
東経138度34分28秒(弁天崎)
極西
東経138度12分11秒(沢崎鼻)
極北
北緯38度20分18秒(二ツ亀)
極南
北緯37度48分09秒(新谷岬)

(2) 地形

本市は北東〜南西方向に細長い地形で、国仲平野を挟んで北西側に大佐渡山地、南東側に小佐渡丘陵が並走し、山岳丘陵地帯を形成している。また、北東には両津湾、南西に真野湾の湾入があり、大佐渡・小佐渡を通じて数段に及ぶ海成段丘が発達し、海岸線延長は約280キロメートルで日本海に囲まれている。

市のほぼ中央部の国仲平野を2級河川の国府川が流れ、その流域面積は佐渡の2割を占めている。水系が国府川に集中していることと、標高が0〜5メートルと低いことから、洪水に見舞われることが多い。

(3) 地質

地質構造は、主として第三紀の水成岩、火山岩からなり地盤は軟弱である。

大佐渡山地の地質は、第三紀中新統中・下部に属する杉野浦層、入川層、真更川層、金北山層、鶴子層、中山層、河内層、相川層の安山岩、流紋岩、石英班岩、凝灰角礫岩、礫岩、硬質砂岩、シルト岩、硬質頁岩等、佐渡の第三紀層の中では比較的硬岩である。小佐渡丘陵の東北半は、大佐渡と同様、中新統の比較的古期の岩層であるのに対し、西南半は、中新統中・下部の笠取山層、経塚山層、下戸層、羽茂層、素浜層の硬質頁岩、砂岩、泥岩などの水成岩が主であり、安山岩、玄武岩などに貫かれている。特に西南半は、新期の軟弱地層のため、重力浸食による緩斜地形が山地内各所に発達している。

このページの先頭へ

2 過去の主な地震(震度4以上)

(1) 新潟地震

発生年月日
1964年(昭和39年)6月16日13時01分
震源・規模
新潟県沖(北緯38度22.21分、東経139度12.7分)、深さ約34キロメートル、マグニチュード7.5
震度
震度5(佐渡相川)
被害状況
両津で2.0メートルの津波が発生し、両津市で400戸近くが浸水した。

(2) 新潟県北部の地震

発生年月日
1995年(平成7年)4月1日12時49分
震源・規模
新潟県北部(北緯37度53.4分、東経139度14.8分)、深さ約16キロメートル、マグニチュード5.6
震度
震度4(佐渡相川)
被害状況
佐渡島内では被害はない。震源に近い笹神村の一部では震度6に近い揺れがあったものと推定される。

(3) 佐渡付近の地震

発生年月日
2003年(平成15年)12月22日21時07分
震源・規模
佐渡付近(北緯37度53.2分、東経138度15.2分)、深さ約16キロメートル、マグニチュード4.7
震度
震度4(佐渡相川)
被害状況
相川町で建物に軽微な被害が発生した。

(4) 新潟県中越地震

発生年月日
2004年(平成16年)10月23日17時56分
震源・規模
新潟県中越地方(北緯37度17.5分、東経138度52.0分)、深さ約13キロメートル、マグニチュード6.8
震度
震度4(佐渡相川)
被害状況
相川地区、畑野地区で建物に軽微な被害が発生した。

このページの先頭へ

「佐渡市地域防災計画:震災対策編(平成19年度:HTML版)」の目次へ