メニューをスキップしてタイトルへ



第2章:子どもと家庭を取り巻く現状

[HTML版]佐渡市次世代育成支援後期行動計画(平成22年3月策定)(5ページ中:3ページ目)

2010年6月18日、掲載

子ども若者課 子育て企画係(0259-63-3126)

本ページの目次
  1. 人口・世帯の動向
  2. 子育て支援サービス等の状況

1. 人口・世帯の動向

(1)人口の状況

1. 総人口の推移

本市の総人口は減少傾向で推移しており、平成21年10月1日現在(住民基本台帳)64,924人、外国人登録者は414人です。

人口の推移
次の表をグラフ化した画像
人口
平成2年78,047
平成7年74,949
平成12年72,173
平成17年67,386
平成21年64,924
注釈
  • 資料:国勢調査、佐渡市住民基本台帳

2. 年齢別・性別人口構成

本市の平成21年における年齢別人口構成は以下のとおりです。

年少人口(0〜14歳)、生産年齢人口(15〜64歳)、老年人口(65歳以上)の構成比は、それぞれ12.2%、53.8%、34.0%となっています。

人口ピラミッド
次の表をグラフ化した画像
年齢男性女性
85歳以上1,1152,962
80〜84歳1,6192,690
75〜79歳2,3313,128
70〜74歳2,1992,853
65〜69歳2,1572,404
60〜64歳2,6532,458
55〜59歳2,5032,228
50〜54歳2,1571,985
45〜49歳1,8261,681
40〜44歳1,6131,486
35〜39歳1,5771,444
30〜34歳1,5561,479
25〜29歳1,3681,188
20〜24歳1,2391,204
15〜19歳1,5151,442
10〜14歳1,3411,394
5〜9歳1,2121,178
0〜4歳1,1511,002
注釈
  • 平成21年10月1日現在
  • 資料:住民基本台帳

(2)出生の状況

1. 出生数・出生率

本市における平成20年の出生数は425人、人口1000人当たりの出生率は6.6人となっています。出生数、出生率とも、平成16年を底として平成18年までそれまでの減少傾向から転じて上昇傾向を示していましたが、平成18年以降、再び減少傾向に転じています。

出生数・出生率の推移
次の表をグラフ化した画像
出生数出生率
平成13年5207.3
平成14年4906.9
平成15年4486.4
平成16年4005.8
平成17年4196.2
平成18年4707.1
平成19年4396.7
平成20年4256.6
注釈
  • 出生率は人口1000人対
  • 資料:佐渡保健所

2. 合計特殊出生率

本市の合計特殊出生率は全国平均や新潟県よりも高い数値で推移しています。 平成16年から上昇し、平成19年の1.92をピークに、平成20年は1.89となっています。

注釈
  • 合計特殊出生率とは、15〜49歳までの女子の年齢別出生率を合計したもので、1人の女子が仮にその年次の年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子ども数に相当します。
合計特殊出生率の推移
次の表をグラフ化した画像
佐渡市新潟県全国
平成14年1.831.381.32
平成15年1.671.341.29
平成16年1.541.341.29
平成17年1.581.341.26
平成18年1.871.381.32
平成19年1.921.391.34
平成20年1.891.371.37
注釈
  • 資料:厚生労働省

このページの先頭へ

2. 子育て支援サービス等の状況

(1)子育て支援施設等の状況

1. 保育園

保育所は、児童福祉法第39条の規定に基づき、保護者の労働、疾病その他の理由により、家庭において、乳幼児の保育ができない場合に、保護者の委託を受けて保育することを目的として設置された児童福祉施設です。本市では「保育園」と呼んでいます。

平成21年現在、本市では公立28園、私立3園、へき地保育園6園(うち2園は休園中)が設置されています。各園において通常保育のほかに、延長保育、障害児保育、乳児保育を実施しています。また、世代間交流事業を21園で実施しています。

待機児童数は、平成21年10月現在0人です。

特別保育事業
 内容実施数
延長保育通常保育の時間を超えて保育を行う。33園
障害児保育障害の状態により保育士を増員して配置する。35園
乳児保育1歳未満児の保育を行う。26園
一時保育(預かり)保護者の傷病・冠婚葬祭等により、緊急かつ一時的に保育が困難となった児童の保育を行う。3園
世代間交流事業高齢者施設への訪問
地域の高齢者との交流会
もちつき大会、行事食づくり
祖父母の保育参観
21園
注釈
  • 実施数は平成21年度の数値

2. 児童館・放課後児童健全育成事業(学童保育)

平成21年度の児童館・放課後児童健全育成事業(学童保育)は以下のとおりです。夏休み期間等の一時的な利用児童も登録しているので、一日あたりの平均利用者数に比べ登録児童数は多くなっています。

児童館の利用状況
(単位:人)
名称地区平均利用者数(1日)
両津ちのわの家21
畑野畑野児童館31
注釈
  • 資料:社会福祉課
放課後児童健全育成事業(学童保育)
(単位:人)
地区場所登録児童平均利用者(1日)
相川相川小学校内3215
佐和田佐和田福祉センター内5717
金井こども会館6821
新穂旧大野保育園2110
真野真野体育館内3415
小木小木子育て支援センター内2811
注釈
  • 資料:社会福祉課

(2)母子保健事業の実施状況

1. 妊婦健康診査

平成20年度の妊婦健康診査受診者数は2,044件です。

妊婦健康診査の状況(指示区分別)
年度異常なし要指導(数)要精密(数)要経過観察(数)要治療(治療指導)(数)受信者数計
平成16年度1,14885.5%1543 1371,343
平成17年度1,46490.7%036 2971,614
平成18年度1,27273.4%034 4261,732
平成19年度1,63280.2%016310782,036
平成20年度1,52274.5%016470362,044
注釈
  • 資料:佐渡保健所
妊婦健康診査の状況(疾病異常別・延数)
年度妊娠分娩に関係のあるものその他
妊娠中毒症貧血心疾患糖尿病その他
平成16年度76420151353
平成17年度23824143830
平成18年度34196062240
平成19年度27562065120
平成20年度4872083780
注釈
  • 資料:佐渡保健所

2. 妊産婦訪問指導状況

平成20年度の妊産婦訪問指導対象者は862件です。

妊産婦訪問指導状況の推移
年度妊産婦妊娠高血圧症候群等(再掲)
対象者実人員延人員
平成16年度5712182312
平成17年度8561831839
平成18年度9272452505
平成19年度8383393390
平成20年度8626646940
注釈
  • 資料:佐渡保健所

(3)子育て支援にかかわる地域のマンパワー

1. 家庭児童相談員・母子自立相談員

児童家庭支援センターにおいて家庭児童相談員(1名)が家庭児童相談業務を、母子自立支援員(1名)が母子家庭の自立に向けての相談業務を行っています。相談時間は午前8時30分〜午後5時30分となっています。

2. ファミリーサポートセンター

子育てに関して援助を受けたい方と援助したい方をそれぞれ会員登録し、相互扶助による有償ボランティアのネットワークを構築して子育て家庭の負担の軽減を図っています。

ファミリーサポートセンターの会員数及び活動件数は、平成21年10月末現在、会員数187名・活動件数193件となっています。

このページの先頭へ

「佐渡市 次世代育成支援 後期行動計画(平成22年策定版:HTML版)」の目次へ