メニューをスキップしてタイトルへ



[PDF版]佐渡市循環型社会形成推進地域計画

平成18年2月策定(計画期間:平成17年度〜平成21年度)

2012年10月30日、掲載

環境対策課 施設管理係(0259-63-3113)


概要

佐渡市では、平成17年3月に環境基本条例を制定し、平成17〜18年度に佐渡市環境基本計画を策定しました。それらをふまえたうえで、循環型社会形成をめざした廃棄物処理の基本的な方向として、以下のような課題を抽出して本計画を推進します。

  1. 環境共生型エコアイランドの構築をめざし、ISO(環境配慮の国際基準14001)認証取得やグリーン購入を推進する。
  2. 家庭や企業単位でのごみ減量化、徹底した分別収集、リサイクル運動などの活動を推進する。さらには住民・事業者・行政が連携して環境循環型社会をめざし、環境に配慮したまちづくりを推進する。
  3. リサイクル運動の一環として、生ごみなどの有機肥料化の取り組みを支援する。
  4. 循環型社会の実現に向け、島内で排出される廃棄物を島内で有効利用するためのリサイクルセンターの設置を推進する。
  5. 山間地、海、河川などへの無秩序な不法投棄の防止施策を推進する。
  6. 不燃物や粗大ごみなどの一般廃棄物および産業廃棄物の処理体制の充実促進をはかる。
  7. 産業廃棄物の減量化を進めるとともに、排出された廃棄物は他の産業の原料として活用するなど、島全体の廃棄物をゼロにする取り組み(ゼロ・エミッション)を検討する。
  8. 廃止された焼却施設や廃棄物処分場跡地を、安全かつ適正に整備し、環境汚染の防止に努める。
  9. 計画的な下水道の整備をはかるとともに、浄化槽の維持管理の指導体制を強化し、海・河川・農業用水路などの水質保全や汚濁防止に努める。

計画期間

平成17年度〜平成21年度

PDFダウンロード

目次(全章)

上記PDFファイルをダウンロードされる際の参考にしてください。

  1. 地域の循環型社会形成を推進するための基本的な事項
    1. 対象地域
    2. 計画期間
    3. 基本的な方向
    4. 広域化への対応
  2. 循環型社会形成推進のための現状と目標
    1. 一般廃棄物等の処理の現状
    2. 生活排水の処理の現状
    3. 一般廃棄物等の処理の目標
    4. 生活排水処理の目標
  3. 施策の内容
    1. 発生抑制、再使用の推進
      1. 有料化
      2. 環境教育、普及啓発、助成
      3. マイバック運動・レジ袋対策
      4. 生活排水対策
    2. 処理体制
      1. 家庭ごみの処理体制の現状と今後
      2. 事業系一般廃棄物の処理体制の現状と今後
      3. 一般廃棄物処理施設で併せて処理する産業廃棄物の現状と今後
      4. 生活排水処理の現状と今後
      5. 今後の処理体制の要点
    3. 処理施設の整備
      1. 廃棄物処理施設
      2. 合併処理浄化槽の整備
    4. 施設整備に関する計画支援事業
    5. その他の施策
      1. 適正処理困難物に対する対処方針
      2. 廃家電リサイクルに関する普及啓発
      3. 不法投棄対策
      4. 災害時に発生するごみの対策
  4. 計画のフォローアップと事後評価
    1. 計画のフォローアップ
    2. 事後評価及び計画の見直し

事後評価

「循環型社会形成推進交付金交付取扱要領」に基づいた事後評価です。

このページの先頭へ

「施策・計画」のトップへ