メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

第39回全国消防救助技術大会出場決定!

2010年8月3日、掲載

消防本部 警防課 防災救助係(0259-51-0122)

7月7日、新潟市で「第27回新潟県消防救助技術大会」が開催され、救助隊員が日頃鍛え抜いた消防救助技術を披露しました。

佐渡市消防本部からは6種目に19名が出場し、そのうちロープブリッジ渡過の部で倉田俊徳副士長(27才)が優勝を果たしました。倉田副士長は、8月27日に京都市で開催される「第39回全国消防救助技術大会」に東北地区代表として出場します。

注釈
ロープブリッジ渡過
地上7メートルの高さに張った長さ20メートルのロープを往復する競技。往路は、太さ12ミリの2本のロープに片足をかける「セイラー渡り」。復路は、ぶら下がる「モンキー渡り」。往復のタイムを競います。

訓練に励む倉田副士長

ロープを渡る倉田副士長 ロープを渡る倉田副士長

「多くの協力、指導、サポートをしてくれた職場の皆さん、お互いを高めあったライバルのおかげで今の自分があるのだと強く実感しています。本当にありがとうございます。全国大会では佐渡市消防本部救助隊員の根性を見せられるように頑張ります」(倉田副士長)

このページの先頭へ

2009年〜2010年の新着情報へ