メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

看護部の紹介(平成23年度)

2012年9月4日、更新(具体的な更新内容)

両津病院 管理課(0259-23-5111)

本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2012年9月4日 更新。9月から小児病棟が4階から3階へ移動しました。
  • 2011年7月4日、各部署の紹介を更新しました。
本ページの目次

看護部のページをご覧いただき、ありがとうございます。

看護部長あいさつ

両津病院看護部は、「当院は市民と患者さんの病院であり、常に患者さんを中心に考えて行動する」という病院理念を基に地域住民の命と健康を守る担い手として、地域に根ざした看護、地域の人々に信頼を頂けるような「優しさと思いやり」のある看護を提供しようと努めています。

当院は小規模であるがゆえに、スタッフ皆でどんな看護がしたいかを語り合えるような、とてもまとまった職場です。

部長として、私はスタッフ一人一人に「働きやすい職場」と感じてもらえるように、「年休の消化」や「勤務希望を取り入れた勤務表の作成」を促す体制を作り、看護職が余裕を持って安心して働けるよう支援していきたいと思っています。これらの体制を整え、スタッフが心配事無く看護業務に従事できることが、結局は地域の方々から信頼される充実した看護を提供できると考えるのです。

教育プログラムとして、2年前より院外講師を招き、看護部独自の研修を行なっています。小病院ではありますが、自己を高めたい、プロとして成長したい、というスタッフのニーズに応えるべく企画し、新しい知識を吸収できる機会として活用されています。

両津病院での看護業務に何かしらの興味を持っていただけたら、どうぞお気軽にご連絡をお待ちしております。一緒に働けたら嬉しく思います。

両津病院 看護部長 山下やよい

このページの先頭へ

理念

病院の運営理念である『両津病院は市民と患者さんの病院であり、全ての職員は常に患者さんを中心に考えて行動します。』を基本に地域住民の命と健康を守る担い手として、地域に根ざした看護、地域の人々に信頼を頂けるような「優しさと思いやり」のある看護を提供したいと考え、下記の看護部理念・看護方針を掲げました。

平成21年4月20日改定

このページの先頭へ

基本方針(行動方針)

  1. 専門職として責任ある看護実践に努めます。
    • インフォームド・コンセント(説明と同意)に努め、患者、家族が安心できる看護を行ないます。
    • プライバシーの保持を厳守します。
    • 危険を予測し事故防止に努めます。
  2. 各部門との信頼関係を築き、より良いチーム医療を目指します。
  3. 病院運営に積極的に参画し、効率的で適正な管理運営を実践します。
  4. 接遇の向上に努めます。
  5. 感性を磨き日々自己研鑽に努めます。

このページの先頭へ

各部署の紹介

4階病棟(内科)

地域に慕われる内科ドクターのもと、スタッフ一同頑張っています。きめ細やかな退院支援に力を入れています。

平成23年度看護目標

  1. 医療事故・院内感染を防止し、患者の安全・安楽に責任を持ちます。
  2. カンファレンスを充実させ、情報を共有することで患者の看護につなげます。
  3. コスト意識を持ちます。
  4. スタッフの心身の健康管理に努めます。

3階病棟(内科・小児科・口腔外科)

在宅介護に向けての指導力の向上、安心して在宅療養が出来るようサポートします。

平成23年度看護目標

  1. 退院支援に向けて積極的に取り組み、在宅に向けた退院指導の充実をはかります。
  2. やさしさと思いやりを持って、質の高い看護をチームで実践します。
    • カンファレンスの充実
    • お互いの看護が認め合えるチームづくり
  3. コスト意識を持って看護を行い、病院経営に参画します。

外来(内科)

平成23年度内科外来看護目標

  1. 常に、笑顔と真心を持って患者・家族と接する。
  2. 日々の業務での問題は全員で共有し、対策を話し合う。
  3. 外来・病棟間の連携を図り、継続した看護ができるよう取り組む。
  4. 病院経営の目標達成に向けて取り組む。
    • コスト意識を持つ
    • 無駄を省く

外来(小児科)

平成23年度小児外来看護目標

中央材料室

平成23年度目標

  1. 洗浄・滅菌物の取り扱いを正しく行い、安心して使用できる材料を看護に提供する。
  2. 安全に作業を行う。

このページの先頭へ

教育・研修

新人教育

プリセプターはもちろん、病棟スタッフ全員で責任をもって技術の指導・メンタル面でのフォローを行なっています。

プリセプターは必ず研修会に出席し、新人が一日でも早く病棟に慣れるようサポートしています。相乗効果として、プリセプター自身の成長にもつながっています。

継続教育

北里大学から信頼できる講師をお招きして、「非経口の摂取患者の口腔ケア」「在宅介護ケアの自信につながる退院指導を目指して」など、現場で役立つ看護研究に取り組んでいます。また、新潟県の看護協会看護学会で毎年発表しています。

院外研修

新潟県看護協会、新潟県自治体病院の研修に参加しています。

このページの先頭へ

委員会活動

記録委員会(第3水曜日15時〜)

目的
  • 看護が効率的・効果的・継続的に実施、評価できるように、看護に関する記録の見直しを行い、改善し合理化を図る。
目標
  • 記録の充実
  • 患者の状態と看護の実践が、正確・効果的に記録できる。
  • 看護記録時間の短縮化
活動内容
  1. 入院の初期計画立案の徹底
  2. 標準看護計画に沿った看護計画の統一
  3. 退院サマリーの充実
  4. 看護記録に関するガイドラインの見直し

褥瘡チーム会(第2水曜日15時〜)

目的
  • 院内の褥瘡対策が円滑に行なわれ、且つ褥瘡対策の推進を図る。
目標
  • 入院前からの褥瘡の改善をする。
  • 入院後の褥瘡発生をなくす。
活動内容
  1. 褥瘡に関する診療計画書に基づきその計画を実施するための環境整備。褥瘡発生率の集計・評価
  2. 体圧分散式マット・ポジショニングピローの管理
  3. 褥瘡回診
  4. 教育活動

業務委員会(第1火曜日15時〜)

目的
  • 質の高い看護を提供する為に看護業務を改善する。
  • 経営意識を持ち、業務改善に取り組むことで、節約・節減が出来る。
目標
  • 業務改善することにより看護の質の向上及び、業務の効率化・スリム化を図る。
  • 業務が安全に行なえるよう環境を整える。
  • 業務内容の見直しをすることにより、業務の標準化及び統一を図る。
活動内容
  1. 看護マニュアルの完成、導入、評価
  2. 退院指導用のパンフレットの作成

教育委員会(第1水曜日15時〜)

目的
  • 看護部の理念・行動方針に基づき看護職員の職業的倫理、専門的知識・技術の向上を図るため、教育の企画運営を行なう。
目標
  • 看護の均一化と質の向上
  • 教育目標に沿った院内研修の企画運営を行なう。
活動内容
  1. 院内教育の企画・実践・評価
  2. 研究発表の計画・実施

新人教育担当委員会(第2金曜日15時〜)

目的
  • 新人看護師がリアリティショックを乗り越え、臨床現場に適応でき、チームの一員となれることを支援する。
目標
  • 病院、看護部の理念・方針を理解し、組織人としての基本的態度・技術をみにつける。
  • 根拠に基づいた、安全で確実な基本的看護援助ができる。
活動内容
  1. 実務用看護業務チェックリストの見直しと充実
  2. 病棟オリエンテーション時のしおりの作成

事故防止委員会(第3火曜日15時〜)

目的
  • 看護部における事故防止に積極的に取り組み、安全な医療・看護を提供する。
  • 医療安全対策委員会の活動を受け、看護部内の事故防止対策に関する活動を行なう。
目標
  • 看護職員の安全に対する意識の向上、自己防止対策の普及・徹底を行なう。
  • 事故事例やヒヤリハット事例の検討を行い、防止対策を検討する。
  • インシデント・アクシデントレポートの定期的な見直しを行い、基準を明確にし、報告し易い体制作りをする。
活動内容
  1. 月毎のインシデントレポート集計を受けて、事例検討を行なう
  2. インシデントレポートの中に潜むリスクを分析し、安全対策を立てる
  3. 安全対策マニュアルの作成・周知徹底を図り、職員教育を行なう

感染対策委員会(第4水曜日15時〜)

目的
  • 科学的根拠に基づいた正しい知識の普及と実践への支援。
  • 医療安全対策委員会と連携し、院内感染対策の立案、実行、評価を行なう。
目標
  • 現場の感染防止対策の問題抽出と改善。
  • 院内感染対策委員会の決定事項等、感染対策に関する事項についての共通理解と実施。
  • 現場に感染防止対策に関する情報を伝達する。
活動内容
  1. 看護部感染防止マニュアルの見直し
  2. 感染症発生時の対応
  3. 看護職を対象とした教育・啓蒙活動(看護師、看護助手の研修の実施

接遇委員会(第4火曜日15時〜)

目的
  • 患者が安心・満足できる応対,接遇を提供できるよう、看護職員一人ひとりの接遇意識の向上を図る。
目標
  • 看護職員一人ひとりが接遇マナーの5原則「挨拶・身だしなみ・態度・言葉づかい・笑顔」が向上する。
活動内容
  1. 接遇に対する問題点の分析・改善方法の検討・接遇向上のための活動
  2. 電話対応マニュアル等のマニュアルの作成

このページの先頭へ

「看護部」のトップへ