メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

新潟県人権講演会、佐渡会場のご案内

12月3日(日曜日)、アミューズメント佐渡にて

2006年11月21日、掲載

市民課戸籍年金係(0259-63-5112)


テーマ

「佐渡・人・心の扉」

お祝いの芸を広め、町や村の安全を守った人々への偏見・誤解をすて、感謝の気持をつたえよう。

講師

川元祥一さん

川元祥一(かわもと・よしかず)さん
作家・ルポライター。1940年兵庫県神戸市に生まれ、岡山県津山市で育つ。
(写真は、津軽三味線の始祖仁太坊の生誕記念碑にて。仁太坊は、岩木川の渡し守の子として生まれた。母はごぜだった)

  • 1965年明治大学文学部卒
  • 伝統芸能研究・千町の会代表
  • 立教大学講師
  • 東日本部落解放研究所会員

日時

12月3日(日曜日)、13時〜15時10分(12時30分開場)

場所

アミューズメント佐渡(佐渡中央文化会館)(佐渡市中原234−1)

その他

入場無料、当日受付け先着330名

川元さんの講演に先立ち、新潟県人権・同和センター常務理事高山弘さんより、「人権のまちづくりを」と題して、30分間の講演があります。

お問合せ先

主催

共催

後援

このページの先頭へ

「2006年10〜12月の新着情報」へ