メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

水道料金を統一します

畑野と南部を除く大部分の地区で。10月分(9月使用分)から。

2007年6月5日、掲載

水道課会計係(0259-63-5114)


統一料金(新料金)が適用される地区

今回統一する地区は、佐和田・金井・新穂・真野地区の全域と、両津・相川地区の一部です。佐渡市の約7割に相当します。

今回統一する地区

なお、畑野地区は平成20年度に、小木・羽茂・赤泊地区はそれ以降に、それぞれ統一する予定です。

統一料金体系(新料金体系)

基本料金
メーターの口径が大きくなるほど、高くなります(両津地区で従来から採用されている料金体系です)。口径13ミリメートルの場合は、1,500円(税込)。市内で最も低額の新穂地区にあわせました。
基本水量
10立方メートル。
超過料金
1立方メートル毎に248円(税込)。(臨時給水を除く)
その他
上記以外は現行の両津地区上水道料金表に準じます。

メーター口径

毎月の水道メーター検針時にお手元に届く検針票でご確認いただけます。ほとんどの一般家庭の場合、口径13ミリメートルです。

統一料金(新料金)

該当する地区では、10月分(9月使用分)から下記の料金が適用されます。

専用および共用給水装置(一般用)(税込)

ほとんどの一般家庭は、この「専用および共用給水装置」の最上段(メーターの口径13ミリメートル)に該当します。

メーターの口径
(ミリメートル)
基本料金
(10立方メートルまで)
超過料金
(1立方メートル毎)
131,500円248円
201,540円248円
252,700円248円
303,800円248円
406,500円248円
5012,000円248円
7523,600円248円
10044,000円248円

計算例は次のとおりです。(下水道使用料金は含みません)

メーター口径13ミリメートルで月に30立方メートル使用した場合は、基本料金1,500円。超過料金は20立方メートルに単価248円を乗じて4,960円。合計6,460円。メーター口径25ミリメートルで月に30立方メートル使用した場合は、基本料金2,700円。超過料金は20立方メートルに単価248円を乗じて4,960円。合計7,660円。

専用および共用給水装置(臨時給水)(税込)

メーターの口径
(ミリメートル)
基本料金
(10立方メートルまで)
超過料金
(1立方メートル毎)
13〜254,200円441円
30以上8,400円441円

専用および共用給水装置(船舶給水用)(税込)

1立方メートルにつき248円。

私設消火栓(演習用)(税込)

1栓放水時間5分ごとに2,100円。

参考情報

お問合せ・ご相談窓口

このページの先頭へ

「2007年4〜6月の新着情報」へ