メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

自主防災リーダー研修会を開催します

11月14日、金井コミュニティセンターで

2009年11月4日、掲載

防災管財課 防災安全係(0259-63-5135)

平成16年の7.13水害や中越大震災、平成19年の中越沖地震。近年、私たちの身近で大災害が頻発しています。

日頃からの備えやご近所とのコミュニケーションなど「地域のちから」を高めることで、再び襲い来る災害による被害を少なくし、自分自身を守ることができます。

今回の研修では、中越大震災を体験された方を講師に迎え、なぜ自主防災組織が必要なのか、いざという時に役に立つのかなど、「災害時の地域での助け合い」についてお話しいただきます。ぜひ、ご参加をお願いします。

概要

講演
大震災から学ぶ 今なぜ 自主防災組織
講師
風間久司氏(小千谷市本町町内会長・自主防災リーダー・県防災コーディネーター)
日時
平成21年11月14日(土曜日)、13時30分〜16時。(開場は13時)
会場
金井コミュニティセンター1階大ホール
主催
新潟県・佐渡市
参加費
無料(申込も不要。お誘い合わせのうえ、お越しください)

日程

13時
開場・受付
13時30分
開会あいさつ
13時40分
講演「大震災から学ぶ 今なぜ 自主防災組織」
15時10分
休憩
15時20分
自主防災組織の活動について(市防災管財課)
15時40分
自主防災組織活動報告(自主防災会)
16時
閉会

講師プロフィール

風間 久司(かざま きゅうじ)

小千谷市の消防署に永年勤務。現在、小千谷市本町の町内会長をされており、中越大震災、中越沖地震を経験した被災地町内の自主防災リーダーとして活躍中。また、日本防災士機構認定の防災士として、新潟県の防災コーディネーターとして、被災地における自主防災活動をテーマに県内各地で講演中。

このページの先頭へ

「2009年10〜12月の新着情報」へ