メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

農林水産省の「農山漁村活性化プロジェクト支援交付金活用事業」に応募します

2011年3月29日、掲載

農林水産課 生物多様性推進室 生物共生推進係(0259-63-5117)

佐渡市では、生物多様性保全を農業から取組むことにより、持続可能な環境再生と環境付加価値向上による米のブランド化が進められていますが、今後は人口減少から農業集落の担い手不足にも対応し、地域産業として環境保全型農業に取り組める環境整備が重要な課題となっています。

このことから、米以外のその他農産物のブランド化を推進していくことも必要であることから、この度、農林水産省の「農山漁村活性化プロジェクト支援交付金」を活用して「おけさ柿」の販売力向上と生産コストの縮減を図るため「トキが棲む里地里山活性化計画」を策定しましたので下記のとおり公表します。

この事業により、おけさ柿の品質の向上及び選果コストの軽減を進めるとともに、環境に配慮した農業を地域全体で取組むこと等により、生物多様性保全と調和した新たな環境付加価値の向上を図ります。

このページの先頭へ

「2011年1〜3月の新着情報」へ