メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

生物多様性学術研究等奨励金の対象者を募集します

平成23年度分。応募締切は7月22日

2011年6月29日、掲載

農林水産課 生物多様性推進室 トキ政策係(0259-63-3761)

奨励補助金の趣旨

生物多様性を推進するには、野生生物との共生が可能となる環境を整備する必要があります。また、このような環境を次世代に引き継ぐための取り組みが必要です。そのためには、市の自然・文化・産業等に関する学術的調査研究が重要となります。そこで、この分野の学生による研究を支援するため、佐渡市では平成17年度からトキ野生復帰学術研究等奨励補助金制度を設けています。

今年度からは、トキの野生復帰に限定するのではなく、広く生物多様性の推進をテーマとした佐渡地域の活性化に資する研究調査等を対象とします。

佐渡で調査・研究に取り組む意欲・熱意のある学生を公募します。

補助対象

補助対象研究

  1. 佐渡の自然環境を対象とした、生物多様性社会の創造に向けた自然・環境科学分野
  2. 佐渡の社会環境を対象とした、生物多様性社会の創造に向けた社会・人文科学分野

補助対象者

注釈
  • 平成23年度生物多様性学術研究発表会については、後述の参考情報をご覧ください。

補助金額など

補助金額

金額はいずれも1件あたり。いずれも予算の範囲内とします。ただし、補助対象研究は、1補助対象者につき1件とします。

補助対象経費

補助率

注釈
  • 「事務経費(消耗品)」とは、1年未満で消費する1品3万円未満の物品をいいます。(例:筆記用具、用紙・ファイル・インク、記録用CD・DVD、乾電池、検査・調査用品等)
  • 書籍・PCソフト等は内容によって補助対象となります。飲食費は補助対象外です。

応募方法

必要書類

次の書類を持参するか、郵送してください。

  1. 生物多様性学術研究等奨励補助金交付申請書
  2. 補助研究の実施計画書
  3. 補助研究の収支予算書
  4. 大学生の略歴
  5. 担当教官の推薦状
  6. 生物多様性学術研究年間予定表
  7. 生物多様性学術研究旅費計算書
  8. 在学証明書または学生証の写し

応募先

佐渡市役所 農林水産課 生物多様性推進室 トキ政策係
952-1292 新潟県佐渡市千種232
Tel:0259-63-3761
FAX:0259-63-5127

応募期間

平成23年7月22日(金曜日)必着。

ご応募いただいた方には、平成23年8月初旬頃までに結果を通知します。

報告書提出と補助金支払い

実績報告書等

補助研究が完了したら、下記の書類を平成24年3月1日までに提出してください。

  1. 補助研究の実績報告書
  2. 補助研究の収支決算書(経費の領収書(写し)等を添付してください)
  3. 研究成果要旨(A4用紙1枚程度)
  4. 研究成果をまとめた論文や報告書

なお、「3」と「4」は、必ず電子データで提出してください。

補助金の支払い

実績報告書等提出された書類を精査し、補助金の額を確定し、支払います。

その他

補助金の交付に関する詳細については、「佐渡市補助金等交付規則」によるものとします。

参考情報:平成23年度生物多様性学術研究発表会

生物多様性学術研究等奨励金を受けた方は、本「研究発表会」で結果発表をしていただきます。

日時
平成24年2月19日(日曜日)、午後1時〜午後3時(開催予定)
場所
トキ交流会館大ホール(新潟県佐渡市新穂潟上1101-1)
主旨
佐渡活性化のための研究成果をより効果的に活用していただくため、研究成果発表会を実施します。
発表内容
生物多様性学術研究等奨励補助申請者の大学生、大学院生から、研究成果について10分〜20分程度発表を実施してもらう。なお、参加者は市民、学生(高校生、中学生)等を予定しているので、発表については、一般の方も理解できる内容とします。
参加者等
発表者(大学生、大学院生)、参加者(市民、島内学生、大学生等)、報道関係者
その他
生物多様性学術研究等奨励補助申請者が研究成果発表会に参加する費用は、補助対象経費に組み入れます。

開催日時等、詳細については、あらためてお知らせします。


関連ページ

このページの先頭へ

「2011年4〜6月の新着情報」へ