メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

「子ども・子育て支援新制度」がスタートします

2014年9月12日、掲載

社会福祉課 子育て支援室 保育係(0259-63-5113)

来年度から「子ども・子育て支援新制度」がスタートします。

これにともなって、保育園の利用希望者は、入園申請前に「保育の必要性の認定」を受けていただくことになります。ただし、幼稚園の利用希望者は認定を受ける必要はありません。

注釈
子ども・子育て支援新制度
平成24年8月に成立した「子ども・子育て関連3法(子ども・子育て支援法など)」に基づく制度。平成27年4月1日に施行されます。制度の目的は、保育の場を増やして待機児童を解消するとともに、質の高い幼児期教育・保育を提供し、地域の子ども・子育て支援を総合的に推進することです。

「保育の必要性の認定」の区分(子ども・子育て支援法第19条1項規定)

1号認定(満3歳以上・教育標準時間認定)
お子様が満3歳以上で、幼稚園での教育を希望される場合
2号認定(満3歳以上・保育認定)
お子様が満3歳以上で、保護者の就労等により保育を必要とする事由に該当し、保育所等での保育を希望される場合
3号認定(満3歳未満・保育認定)
お子様が満3歳未満で、保護者の就労等により保育を必要とする事由に該当し、保育所等での保育を希望される場合

なお、具体的な認定・入園申請の手続きについては、来年度の幼稚園(市立)・保育園の入園申請受付開始時期に、あらためてお知らせします。(11〜12月頃の予定)

このページの先頭へ

「2014年7〜9月の新着情報」へ