メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

健康推進員が、エクサ丼の研修を受けました

2014年12月17日、掲載

高齢福祉課 介護保険係(0259-63-3790)

12月3日、金井コミュニテイセンターで、市内の健康推進員が、エクサ丼の発案者である森本貴子先生(汐彩クリニック副院長)から研修を受けました。

注釈
  • 健康推進員とは、市からの委託を受けて健康づくりのための活動をしているボランティアです。
  • エクサ丼とは、認知症予防に効果的とされる食材をひとつのどんぶりの中に詰め合わせた健康メニュー。楽しみながら脳にやさしい食生活のヒントを身につけるためのレシピです。

研修の演題は「認知症に追いつかれないために」。集まった150人あまりの健康推進員は、次のような内容の講義を熱心に聴講されていました。

  • 認知症という病気について
  • 認知症の人との接し方
  • 認知症に追いつかれないために今からできること
  • 認知症予防のための高齢者の食生活支援

今後は、健康推進員の皆様の力によって、エクサ丼の運動が広く市民へ広がっていくことが期待されます。

講義内容のご紹介

エクサ丼

市では、認知症を予防するために、太鼓を使ったプログラム「EXADON(エクサドン)」と「エクサ丼」の運動を推進しています。

注釈
  • EXADON(エクサドン)とは、「エクササイズ」「佐渡」「ドン(太鼓の音)」をあわせた造語で、太鼓と芸能による健康増進・介護予防フィットネス・プログラムの総称です。

エクサ丼のコンセプト

  • 地場産の食材を使用(地産地消の推進)
  • ひと目でわかる「どんぶりメニュー」
  • 簡単に料理ができるレシピ

使用する食材

  • n-3系不飽和脂肪酸を多く含む魚
  • イソフラボンを多く含む大豆食品
  • 嚙みごたえのある食材

脳に良い栄養を

  1. 脳の健康は心臓にも
  2. 自分の数値を確認しましょう
  3. 魚を食べましょう
  4. 抗酸化物質をとりましょう
  5. デザイナー・フーズ・ピラミッド

EXADON(エクサドン)の概念図

楽しい運動習慣
「もっとやってみたいと自然に感じるときが楽しいのです」

EXADONでは、和太鼓や芸能活動を通して、無理なく・楽しく・自然に続けられる運動習慣づくりを目指します。楽しく続けられる運動習慣は、第1級の資産です。(第1級=ファースト・クラス)

おもしろい精神活動
「もっともおもしろいことはこころが成長することです」

それまでできなかったことができるようになるよろこび、たのしさ、おもしろさを体験しましょう。謙虚に耳を傾けると楽しく学ぶことができます。正しいことをたくさん聞き学ぶことは、第1級のたのしみです。

脳と体によい食事習慣
「エクサ丼は気軽に楽しむ栄養学です」

私たちは「食物」でつくられています。EXADONの栄養学「エクサ丼」を食べながら、脳と体によい栄養を学びましょう。こころと身体の幸せを支える食物について知ることは、第1級の教養です。

豊かな対話
「あらゆる所でこころのなぎさをつくります」

身体との対話、自然との対話、人と人との対話を持ちましょう。対話は気づきを育てます。よい聴き手のいる場所が豊かな対話の流れる場所です。豊かな対話をつくることは、第1級の技量です。

世代を超えた交流
「太鼓は太古の昔から世代を超えてつながっています」

誰もが鼓動をもって生まれ、鼓動とともに去ります。鼓動は人類共通の体験です。鼓動と対話する楽器を使って、あらゆる世代の人々と交流しましょう。心地よい太鼓の音は、第1級の言葉です。

頼もしい地域づくり
「共にいたわり、共に喜び、共に考え、共に育むために」

昔は太鼓の聞こえる範囲が集落の範囲だったと言われています。太鼓の合図が集落をまとめました。地域の困ったことは、太鼓に聞いてみましょう。地域の力を引き出す太鼓は、第1級の知恵です。


関連ページ

このページの先頭へ

「2014年10〜12月の新着情報」へ