メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

生物多様性学術研究等奨励事業(平成24・25年度)の研究成果をお知らせします

2015年1月19日、掲載

農林水産課 生物多様性推進室 トキ政策係(トキ交流会館内)(0259-24-6040)

佐渡市では、佐渡の自然・社会環境を対象とした調査・研究を支援するため、大学生や大学院生を対象としたトキ野生復帰学術研究等奨励補助金制度を設けています。

このたび、平成24年度・平成25年度の補助対象となった調査・研究結果がまとまりましたので、お知らせします。

平成24年度の調査・研究結果(11件)

申請者(所属)単位調査・研究結果
田野井翔子
(新潟大学農学部)
グループDNAバーコーディング法を用いたトキの餌生物種の解明(PDF・約4.1
メガバイト)
堂谷紗希
(新潟大学大学院
自然科学研究科)
グループネオニコチノイド系殺虫剤による水田生態系への影響と蓄積量の評価
(PDF・約2.9メガバイト)
戸塚聡子
(新潟大学大学院
自然科学研究科)
グループ林緑植物ハナイカダの生活史戦略
(PDF・約4.6メガバイト)
長島崇史
(新潟大学大学院
自然科学研究科)
個人佐渡島の多雪環境下の天然スギ林におけるDNAマーカーを用いたクローン構造の解明
(PDF・約1.6メガバイト)
西山真樹
(新潟大学大学院
自然科学研究科)
個人佐渡の海洋生物に関する調査と海洋教育普及活動
(PDF・約3.3メガバイト)
坂田ゆず
(京都大学
農学研究科)
グループシカの過採食圧による森林の下層植生衰退が、開花植物群集の繁殖成功に与える影響
(PDF・約4.8メガバイト)
徳本順子
(神戸大学大学院
農学研究科)
グループネオニコチノイド系農薬がトキの繁殖能力に及ぼす影響の基礎的評価
(PDF・約5.2メガバイト)
竹川有哉
(徳島大学大学院
先端技術科学教育部)
グループ圃場整備水田域の水路網における魚類の生息場改善の提案
(PDF・約2.9メガバイト)
中込篤志
(東京工科大学
応用生物学部)
グループ田んぼ、ビオトープに生息する生物の調査と農業についての考察
(PDF・約740キロバイト)
本田裕也
(東京工科大学
メディア学部)
グループ「佐渡が若者を変える」〜ソーシャルメディアを活用した若者の佐渡への共感度調査〜
(PDF・約4.4メガバイト)
朝見駿太郎
(東京工科大学
コンピュータサイエンス学部)
グループ情報端末を活用した佐渡魅力案内
(PDF・約1.8メガバイト)

平成25年度の調査・研究結果(8件)

申請者
(所属)
単位調査・研究結果
羽野萌美
(東京農業大学
大学院)
個人地域住民を主体とした棚田保全活動における継続要因と今後の課題
(PDF・約860キロバイト)
佟彬(トウビン)
(新潟大学大学院
自然科学研究科)
グループ佐渡島トキ集団におけるMHC領域の多様性の評価ならびに野生下の雛のMHC型判定法の開発(新潟大学と京都大学の共同研究)
  1. 野生下トキでのDNAサンプリング法
    (PDF・約1.7メガバイト)
  2. 始祖5個体でのMHC領域の多様性評価と判定法の開発
    (PDF・約970キロバイト)
宮島伸子
(新潟大学大学院
自然科学研究科)
個人佐渡島における林間放牧が植生と不嗜好性植物に与えた影響
(PDF・約5.4メガバイト)
石川健博
(新潟大学大学院
自然科学研究科)
個人沿岸産卵魚クサフグの環境に適応した繁殖戦略の調査
(PDF・約2.6メガバイト)
瀧野祥生
(新潟大学農学部)
グループトキにおける精液採取方法の検討
(PDF・約2.2メガバイト)
田野井翔子
(新潟大学大学院
自然科学研究科)
グループDNAバーコーディング法を用いたトキの食性解析
(PDF・約3.2メガバイト)
山﨑 彩
(北海道大学
大学院)
個人不凍タンパク質に着目したカジカ科魚類の寒冷地適応に関する分子生態学研究
(PDF・約5.4メガバイト)
中津允裕
(徳島大学大学院
先端技術科学教育部)
グループ「朱鷺と暮らす郷づくり認証米」に関する販売者・消費者への意識調査
(PDF・約240キロバイト)

関連ページ

このページの先頭へ

「2015年1〜3月の新着情報」へ