メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

平成26年度 生物多様性学術研究発表会を開催します

2月28日、トキ交流会館で。無料・申込不要

2015年1月30日、掲載

農林水産課 生物多様性推進室 トキ政策係(0259-24-6040)

トキの野生復帰をきっかけとして、佐渡市では、生きものを育む農法をはじめ環境保全型農業への転換が進み、その取り組みは市内全域へ浸透しつつあります。

今回の生物多様性学術研究発表会は、ジアス(GIAHS:世界農業遺産)認定や生物多様性推進を地域おこしに活用することを目的としています。また、今年は環境省が「トキ野生復帰環境再生ビジョン」で掲げた「2015年頃、佐渡に60羽のトキを定着させる」という目標達成検証年となります。市では、このビジョンに向けて「人とトキが共生できる社会」の実現をめざし、その取り組みの一環としてこの研究発表会を行っています。

入場無料、予約・申込は不要です。また、当日ご来場の方 先着200名様に、トキの森公園ペア招待券をプレゼントします。お誘いあわせのうえご来場いただき、佐渡が元気になるためのノウハウやヒントを吸収し、各地域での取り組みにお役立てください。

日時
平成27年2月28日(土曜日)13時30分〜16時
場所
トキ交流会館(新穂潟上1101-1)
内容
新潟大学、九州大学、徳島大学、日本獣医生命科学大学、神戸大学、中央大学、東京大学の学生が、トキをはじめ生物多様性をテーマに研究した成果を発表します。
主催
佐渡市

発表会 次第


関連ページ

このページの先頭へ

「2015年1〜3月の新着情報」へ