メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

EXADONサポーターの活動(7月19日・26日)をご紹介します

2015年7月31日、掲載

高齢福祉課 介護保険係(0259-63-3790)

EXADON(エクサドン)とは、「エクササイズ」「佐渡」「ドン(太鼓の音)」をあわせた造語で、太鼓と芸能による健康増進・介護予防フィットネス・プログラムの総称です。佐渡市では、この活動を広げるEXADONサポーター(市民ボランテイア)の活動を育成・支援しています。

今回は、現在活動中のサポーターのうち、第1班と第3班の活動の様子をご紹介します。

第1班:しゃくなげまつり

7月26日(日曜日)、第19回しゃくなげまつり(両津地区 春日)で、ライブ「EXADON太鼓でドン」を2回お披露目しました。また、会場内の体験コーナー「エクサドン太鼓体験」で、来場者に太鼓を叩いて楽しんでもらいました。

ライブ「EXADON太鼓でドン」では、サポーターの活動をご紹介するとともに、「エクサドン・佐渡おけさバージョン」など4曲を演奏しました。2回目のライブでは、来場者の皆様をまじえてセッションを楽しみました。子どもから高齢者の方まで、皆で一緒に太鼓を叩いて盛り上がりました。

この日のために、サポーターは仕事帰りに練習を繰り返してきました。女性サポーターは浴衣姿で参加し、兵庫八重子さんお手製のハッピも身につけてライブに挑みました。緊張の初舞台ではありましたが、佐渡太鼓体験交流館(たたこう館)の真崎滉大さんの支援も得て、楽しく演奏することができました。

第3班:深浦 納涼祭

7月19日(日曜日)、深浦集落(小木地区)の納涼祭で、EXADONをお披露目しました。内容は、「エクサドン・佐渡おけさバージョン」の演奏と、童謡2曲による太鼓体験、やまびこゲームです。

お客様は子どもと高齢者が中心で、とても控えめな雰囲気。そこをうまくお誘いして一緒に太鼓を叩いて盛り上げるのがサポーターの任務です。初めはぎごちない誘い方でしたが、ゲームに参加された方の笑顔や、客席でノリノリだったお客様を見て、ああよかった、と胸をなでおろしました。

この日のために、サポーターは打合せや練習を重ねて入念な準備をしてきましたが、反省点も少なからず残りました。「次回はもっと盛り上げたい、もっと多くのお客様と一緒に太鼓を楽しみたい」と、新たな意欲に燃えたサポーターの面々でした。


関連ページ

このページの先頭へ

「2015年7〜9月の新着情報」へ