メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

65歳以上の方の介護保険料が変更になりました

2015年4月から

2016年3月11日、掲載

高齢福祉課 介護保険係(0259-63-3790)

2015年4月から、65歳以上の方の介護保険料が変更になりました。

変更前(2015年3月以前)

所得段階対象保険料(年額)
第1段階生活保護を受けている方
市民税非課税世帯で老齢福祉年金を受けている方
31,200円
第2段階市民税非課税世帯で、前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円以下の方31,200円
第3段階市民税非課税世帯 前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が80万円超120万円以下の方39,300円
前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が120万円超の方46,800円
第4段階市民税課税世帯で本人非課税の方 前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が、80万円以下の方58,000円
前年の合計所得金額と課税年金収入額の合計が、80万円超の方62,400円
第5段階市民税本人課税で、前年の合計所得金額が190万円未満の方78,000円
第6段階市民税本人課税で、前年の合計所得金額が190万円以上の方93,600円

変更後(2015年4月以降)

第1段階

対象
  • 生活保護を受けている方、市民税非課税世帯で老齢福祉年金を受けている方
  • 市民税非課税で、本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方
保険料率
基準額の45%(平成29年度は基準額の30%)
保険料
年額31,200円(平成29年度は20,800円)

第2段階

対象
市民税世帯非課税で、本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計が120万円以下の方
保険料率
基準額の75%(平成29年度は基準額の50%)
保険料
年額52,200円(平成29年度は34,800円)

第3段階

対象
市民税世帯非課税で、本人の課税年金収入額と合計所得金額の合計が120万円を超える方
保険料率
基準額の75%(平成29年度は基準額の70%)
保険料
年額52,200円(平成29年度は48,700円)

第4段階

対象
世帯内に市民税課税者がいるが、本人は非課税で、かつ、課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円以下の方
保険料率
基準額の90%
保険料
年額62,600円

第5段階

対象
世帯内に市民税課税者がいるが、本人は非課税で、かつ、課税年金収入額と合計所得金額の合計が80万円を超える方
保険料率
基準額×100%
保険料
年額69,600円

第6段階

対象
市民税本人課税でが、合計所得金額が120万円未満の方
保険料率
基準額×120%
保険料
年額83,500円

第7段階

対象
市民税本人課税でが、合計所得金額が120万円以上190万円未満の方
保険料率
基準額×130%
保険料
年額90,400円

第8段階

対象
市民税本人課税でが、合計所得金額が190万円以上290万円未満の方
保険料率
基準額×150%
保険料
年額104,400円

第9段階

対象
市民税本人課税でが、合計所得金額が290万円以上の方
保険料率
基準額×170%
保険料
年額118,300円

40〜64歳の方は、従来どおり、加入されている医療保険ごとに介護保険料が算出されます。

なお、介護保険制度については、下記ページをご覧ください。

このページの先頭へ

「2016年1〜3月の新着情報」へ