メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

「平成28年度 地域商店支援事業」の補助対象者を募集します

商店主や、既存の建物を活用して新規開業する人を支援。応募締切は2016年6月24日

2016年5月25日、掲載

産業振興課 商工振興係(0259-63-3791)

来客者・売上の増加につながる魅力的な商店づくりを支援するために、既存の建物を活用した新規開業経費や、既存商店のリフォーム経費の一部を補助します。

詳しくは下記のPDFファイルを必ずご覧ください。

以下、上記のPDFファイルをを一部抜粋して掲載します。

補助の概要

「新規開業枠」と「事業継続枠」があります。

新規開業枠

対象者
既存の建物を活用して新しく開業する方
対象経費
  1. 店舗の賃借料
  2. 店舗の改装費・備品購入費
補助率
補助対象経費の50%以内(1,000円未満切り捨て)
補助限度額
  1. 店舗の賃借料は、1か月あたり5万円(対象期間は12か月)
  2. 店舗の改装費・備品購入費は、50万円(顧客用の「おもてなしトイレ」を整備する場合は、別枠で50万円を限度に上乗せ)

事業継続枠

対象者
商店を営業しており、継続して営業する意思のある方
対象経費
店舗の改装費
補助率
補助対象経費の50%以内(1,000円未満切り捨て)
補助限度額
30万円(顧客用の「おもてなしトイレ」を整備する場合は、別枠で50万円を限度に上乗せ)

対象業種と交付条件

対象業種

対象者の要件

交付条件

申請方法

受付期間内に、提出書類を1部ずつ提出してください。

「新規開業枠」で申請される方は、「賃借料」分と「改装費・備品購入費」分を別個に作成してください。

受付期間
2016年6月1日(水曜日)〜6月24日(金曜日)、17時必着
提出書類
  • 産業振興事業補助金交付申請書(様式第1号)
  • 地域商店支援事業 事業計画書(別紙1)
  • 地域商店支援事業 収支予算書(別紙2)
  • その他、必要な添付書類(前掲の「平成28年度 産業振興事業【地域商店支援事業】補助金交付申請の手引き」をご覧ください)
提出先
産業振興課 商工振興係(第2庁舎内)

補助金の交付

事業完了後30日以内に、下記の書類を1部ずつ提出してください。

実績報告を受けて、補助金交付額を確定します。その後、産業振興事業補助金交付請求書(様式第7号)(DOC・約30キロバイト)の提出を経て補助金が交付されます。


関連ページ

このページの先頭へ

「2016年4〜6月の新着情報」へ