メニューをスキップしてタイトルへ



市役所 旧 相川支所の外壁の一部が崩落しました

2017年2月7日、掲載

財務課 財産管理室(0259-63-3114)

2月1日夜から2日朝にかけて吹いた強風の影響で、旧 相川支所の北西側(相川町商工会側)の外壁の一部が、崩落しました。

注釈
  • 2月2日の早朝に市民から西警察署へ通報があり、商工会側の外壁の3階から1階部分の一部(幅約7メートル・高さ約10メートル)の崩落を確認

この崩落により、相川町商工会前の駐車場に駐車していた商工会の車両1台に、ボンネットなどのヘコみやヘッドライト部分の破損等の被害がありましたが、他の人家などへの影響や人的被害などはありませんでした。

現在は、崩落現場の瓦礫の撤去とバリケード設置等の安全対策を施し、崩落個所に足場を設置して囲い込み作業などの応急処置を行っています。

なお、旧 相川支所の建物は、当初計画では平成29年度に解体する予定でしたが、可能な限り前倒しして解体します。

地域の皆様にはご不便、ご迷惑をおかけしますが、ご理解いただきますようお願いします。

崩落直後の様子

現状

旧 相川支所庁舎の概要

所在地
佐渡市相川塩屋町26番地
建築年
1976年5月
構造
鉄骨造3階 地下1階建。延面積2,144㎡

2014年11月に完成した相川支所・相川消防署 新庁舎へ支所機能を移転して以来、閉鎖状態。

このページの先頭へ

「2017年1〜3月の新着情報」へ