メニューをスキップしてタイトルへ



男女共同参画ワークショップ「SADOみらい会議2017」を開催します

2017年10月14日・15日。参加費無料、10月10日までに要申込

2017年9月21日、掲載

企画財政部 企画課 政策推進係(0259-63-3802)

子育てエッセイストでアートディレクターのちゃい文々さんを講師にお招きして、「働き方・子育て」をテーマにワークショップを開催します。男女がともに働きやすい社会をめざして、あなたのビジョンと佐渡の将来像を描いてみませんか。

テーマに関心がある方ならどなたでもご参加いただけます。参加費は無料ですので、お誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。

注釈
ちゃい文々さん
男女脳差理解によるダイバーシティコミュニケーションインストラクター。漫画エッセイスト。アートディレクター。『あなたは唯一無二な大切な存在』を軸に「違いを認め合う」「多様な人々が共生する社会」の大切さ、コミュニケーションのとり方などを発信し続ける。「ゆうなびラジオ」(毎週月曜日午後3時)レギュラーコメンテーター。講演会・ワークショップ、セミナーなど多数実施。著書「子育ては泣き笑い八起き」(幻冬舎)

概要

月日
2017年10月14日(土曜日)・15日(日曜日)
参加費
無料
対象
子育て中の人、これから親になる人、祖父母、事業所の代表・管理職・採用担当者の方など。
その他
  • ワンドリンク付
  • 保育ルームを設置します。(10月10日までに要申込)
ご参考
チラシ「SADOみらい会議2017」(PDF・約450キロバイト)
主催
佐渡市、(公財)新潟県女性財団
注釈
  • 両日とも参加する必要はありません。いずれか一方だけのご参加も可能です。

1日目 : 制度・環境編

内容
制度・環境の整備を考え、話し合い、未来に向けてビジョンを描こう
日時
2017年10月14日(土曜日)、午後1時30分〜午後4時
会場
小木保育園(小木町1522)

島外から移住してきた子育て中のご夫婦をゲストスピーカーにお迎えし、外からみた佐渡の良いところ、今の生活で大切にしているもの、移住して変わったワーキングスタイルなどをお聞きします。また、佐渡にこんな制度があったらいいな、子育てがしやすくなる、もっと人と人がつながり人口も増えるのでは? という気づきを話し合い、シェアします。

2日目 : コミュニケーション編

内容
子育てをとりまくパートナーシップのコミュニケーション力を向上させよう
日時
2017年10月15日(日曜日)、午前10時〜午後0時30分
会場
Guest Villa on the 美一(河原田諏訪町207-76)

パートナーシップを抜きにしては子育てを語ることはできません。またパートナーシップの対象は、夫婦、親子、父母・義父義母、学校・地域など、さまざまです。

ダイバーシティ(多様性)と人権の視点を軸にして、「らしさ」からの解放、自分への肯定感、相手への信頼を生むコミュニケーション力とは何か、また、男女の脳差による思考の違いも紹介しながら、パートナーとの考え方のズレや相手を理解するきっかけを提供します。

参加申込方法

2017年10月10日(火曜日)までに、住所・氏名・電話番号を、電話またはファックスでお知らせください。

申込先

企画財政部 企画課 政策推進係

  • 電話:0259-63-3802
  • ファックス:0259-63-5126

保育ルームの申込方法

会場で当日、生後6か月から就学前のお子様をお預かりします。ご希望の方は、下記の申込書をご利用のうえ10月10日(火曜日)までにファックスで上記宛にお申し込みください。申込多数の場合はお断りすることがありますので、お早めにどうぞ。

このページの先頭へ

「2017年7〜9月の新着情報」へ