メニューをスキップしてタイトルへ



介護保険ボランティアポイント制度

その他の制度

2019年9月10日、更新(具体的な更新内容)


本ページの更新状況(更新状況をスキップして本文へ)
  • 2019年9月10日、申請書を差し替えるとともに、参加できる方を「要支援・要介護認定を受けていない第1号被保険者」から「要介護認定を受けてない第1号被保険者」へ変更しました。また、介護保険ボランティア受入施設が「50」から「51」へ増えました。
  • 2018年3月6日、受入施設が「42」から「50」へ増えました。
  • 2015年3月12日、申請書を差し替えました。
  • 2014年6月16日、介護保険ボランティア受入施設一覧を掲載しました。

参加できる方

佐渡市在住の65歳以上の方で、要介護認定を受けていない第1号被保険者

注釈
  • 介護保険料の滞納がないこと。

ボランティア活動の例

注釈
  • ボランティア活動時の万一の事故に備え、市では市民総合賠償補償保険に加入しています。
  • 施設内で活動するうえで知り得たサービス利用者等の個人情報(名前、住所、心身や家族の状況など)は、決して第三者(友人・知人・家族など)に口外しないでください。ボランティアを辞めた後も同様です。

登録方法

下記の申請書に必要事項をご記入のうえ、本庁・支所・サービスセンターの高齢福祉担当窓口へお持ちください。

受入施設一覧

市内51の社会福祉施設等で、ボランティアを受け入れています。施設名と連絡先については、下記リンク先をご覧ください。

もらえるポイント

ポイントの換金方法(交付金交付申請方法)

登録者へ毎年3月に交付金交付申請書類を郵送しますので、必要事項を記載して、同年3月末までに本庁・支所・サービスセンターの高齢福祉担当窓口へ交付申請をしてください。

注釈
  • 年間で300ポイント未満の場合は、換金等はできません。
  • 介護保険料の滞納がある場合は、ポイントの換金等はできません。
  • ポイントは当該年度のみ有効です。翌年度に繰り越すことはできません。
  • 転出される場合は、その際に換金等の手続きをします。

担当窓口

このページの先頭へ

「介護保険・高齢者福祉」のトップへ