メニューをスキップしてタイトルへ



本ページは、過去の記録として存在するものです。閲覧・ご利用にあたっては、次の点にご注意ください。

  1. 内容は掲載日(更新日)時点のものであり、現在は無効になっている場合があります。
  2. 担当課は変更になっている場合があります。(現在は当該課が存在しない場合もあります)
  3. 記事中のリンクが切れている場合があります。

市長随想「ゆめ夢飛行」第21回

市報さど(2008年2月号:第48号)から転載

2008年2月18日、掲載

総務課 秘書係(0259-63-3111)

佐渡にとって返す返すも惜しい人物を失いました。化粧品シュウウエムラの名前で有名な、植村秀氏(79歳)が昨年12月29日急性肺炎で亡くなられたのです。

氏は1950年代にハリウッドでメイクアップアーティストとして活動を始められ、フランク・シナトラ、シャーリー・マクレーン、マリリン・モンローなどの人気スターたちの指名を受け、活躍の幅を広げました。1965年帰国後世田谷にアトリエを開設し、プロの美容師たちの指導を始められました。

1982年に社名を(株)シュウウエムラ化粧品とし、1998年には海洋深層水を世界で初めて化粧品に応用した「ディプシーウォーター」が大ヒットしました。その後佐渡では旧畑野町の多田地区で海洋深層水施設の建設にあたり、その利用先を探していた畑野町、新潟県の熱意と佐渡の自然に心打たれて、ミネラルウォーターの製造施設建設を決断されました。

その本社工場は2005年5月多田の地に竣工し、ニサコの社名で海洋深層水のボトルが全国に販売されることになったのです。現在、全国からの注文でフル操業が続いていると聞いています。

1月31日の東京での葬儀には、氏との縁が深かった小田初太郎元畑野町長が出席されました。

こよなく佐渡を愛し、今後の佐渡についても熱く語っていただいていた氏の思いを大切にしていきたいと考えています。

合掌


NISACO竣工記念パーティーでの植村秀さん

このページの先頭へ

市長随想『ゆめ夢飛行』のトップへ