○佐渡市漏水等による使用水量の認定に関する要綱
平成16年3月1日
水道事業管理規程第14号
(趣旨)
第1条 この規程は、佐渡市水道事業給水条例(平成16年佐渡市条例第294号)第24条の規定に基づき、給水装置の漏水等により使用水量が多量となった場合における使用水量の認定の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。
(認定の適用範囲)
第2条 認定は、使用者が善良な管理者の注意をもって管理したにもかかわらず、メーター以降の給水装置の破損により漏水し、佐渡市指定給水装置工事事業者がその修理を完了したと水道事業管理者の権限を行う市長(以下「管理者」という。)が認めたときに、その使用者に1回に限り適用するものとする。なお、認定に当たっては、その原因が次の各号のいずれかに該当する場合とする。
(1) 地下給水装置の破損で、地上への漏水がなく発見が遅れた場合
(2) 地上給水装置の故障で、積雪に遮られて発見が遅れた場合
(3) 前2号に掲げるもののほか、特別の理由による不可抗力と認められる場合
(平21水管規程3・一部改正)
(認定の適用月)
第3条 前条の規定は、漏水等が確認された検針月分についてのみ行うものとする。ただし、特別な理由があると認められる場合は、検針月以外の月分についても行うことができる。
(平21水管規程3・一部改正)
(推定漏水量)
第4条 推定漏水量は、検針水量から次の各号のいずれかを減じた水量とする。ただし、特別な理由があると認められる場合は、この限りでない。
(1) 認定する月の前3月分の平均水量
(2) 前年同月の水量
(平21水管規程3・一部改正)
(使用水量の認定)
第5条 使用水量の認定は、推定漏水量に2分の1を乗じて算出した水量を、認定の適用月の検針水量から減じたものとする。ただし、減じられた使用水量が通常使用水量(前3月の平均使用水量をいう。)の5倍を超えるときは、5倍までを限度とすることができる。
2 市長は、災害等に起因した漏水であって特に必要と認める場合は、前項の規定にかかわらず、別に使用水量を認定することができる。
(平21水管規程3・一部改正)
(適用除外)
第6条 管理者は、次の各号のいずれかに該当すると認めたときは、第2条から前条までの規定は適用しない。ただし、特別の理由があると認められる場合は、この限りでない。
(1) 使用水量が通常使用水量の1.5倍を超えないとき。
(2) 使用者が故意に給水装置を損傷したとき。
(3) 使用者が漏水の事実を容易に確認できたにもかかわらず、修理を怠ったとき。
(4) 同一の使用者が同じ使用場所において、過去2年間に第8条の規定による認定を受けていたとき。
(5) 使用者が官公庁又はこれに類する機関であるとき。
(6) 漏水等を確認した検針月から6月を経過した後に申請があったとき。
(平21水管規程3・一部改正)
(申請)
第7条 使用水量の認定により料金の減免を受けようとする使用者(以下「申請者」という。)は、水道料金減免申請書(様式第1号)を管理者に提出しなければならない。
(平21水管規程3・一部改正)
(決定及び通知)
第8条 管理者は、前条の申請があったときは、当該申請に係る書類の審査を行い、速やかにその有無を決定し、/免除/過誤納//還付/減額/通知書(様式第2号)により申請者に通知するものとする。
附 則
(施行期日)
1 この規程は、平成16年3月1日から施行する。
(経過措置)
2 この規程の施行の日の前日までに、合併前の漏水等による使用水量の認定に関する要綱(両津市制定)の規定によりなされた手続その他の行為は、この規程の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。
附 則(平成21年4月1日水管規程第3号)
この規程は、平成21年4月1日から施行する。

様式第1号(第7条関係)
(平21水管規程3・一部改正)

水道料金減免申請書

使用者番号

使用水量

基本料金

超過料金

消費税

合計

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申請者記入欄

減免を必要とする理由

 

 

修理業者記入欄

修理の依頼を受けた日

  年  月  日

修理箇所の略図

修理の日

  年  月  日

 

修理の状況

 

修理業者名

 

印   

  上記のとおり減免くださるよう申請します。

         年  月  日

  佐渡市長 様

住所   佐渡市                

氏名                    印 

電話番号(    )  ―            

様式第2号(第8条関係)
(平21水管規程3・一部改正)

年度

免除

過誤納

還付

減額

   通知書

使用者番号

使用者名

 

   (町名:     )

         様

減額・還付の理由及び金額

漏水   検針誤り

その他(     )

金額             円

振込先

金融機関名

   銀行・農協・信組   店・支所・出張所

口座番号

普通・当座

 

 

 

 

 

 

 

口座名義人

 

内訳

月分

使用水量

基本料金

超過料金

消費税

納付額

 

 

当初

 

 

 

 

 

変更

 

 

 

 

 

差引

 

 

 

 

 

 

 

当初

 

 

 

 

 

変更

 

 

 

 

 

差引

 

 

 

 

 

 

 

当初

 

 

 

 

 

変更

 

 

 

 

 

差引

 

 

 

 

 

     年  月  日付けで申請のあった水道料金の減免について承認しましたので、上記のとおり通知いたします。

  なお、返納金は、1週間以内に貴指定口座へ振込みいたします。

        年  月  日

佐渡市長