○佐渡市有料広告掲載取扱要綱
平成19年3月2日
告示第70号
(目的)
第1条 この告示は、広報さどその他の媒体を活用し、地元企業等に係る情報(以下「広告」という。)を有料で掲載することにより、市の自主財源を確保するとともに、地域経済の活性化及び市民生活の利便に資することを目的とする。
(広告の掲載媒体)
第2条 広告を掲載する媒体は、次に掲げるとおりとする。
(1) 市報さど
(2) 市ホームページ
(3) 市が発行する刊行物及び印刷物(市報さどを除く。)
(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が掲載を認めるもの
(広告掲載内容)
第3条 広告の掲載の対象となる内容は、次の各号のいずれにも該当しないものとする。
(1) 公共性を損なうおそれのあるもの
(2) 法令、条例、規則等に違反するもの
(3) 政治又は宗教活動に関するもの
(4) 人権を侵害するもの
(5) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する営業に関するもの
(6) 公の秩序又は善良な風俗に反するおそれのあるもの
(7) 前各号に掲げるもののほか、市長が掲載を不適当と認めるもの
(広告の規格等)
第4条 広告の規格、掲載期間、位置及び掲載料金については、印刷物等の種類に応じ、別表に定めるとおりとする。
(広告掲載の申込み)
第5条 広告を掲載しようとする者(以下「申込者」という。)は、有料広告掲載申請書(様式第1号)に版下を添えて市長に提出しなければならない。
(広告掲載の決定)
第6条 市長は、前条の規定により申込みがあったときは、速やかに内容の審査を行い、掲載の可否を決定し、有料広告掲載(非掲載)決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。
(掲載の優先順位)
第7条 広告掲載の優先順位は、次のとおりとする。
(1) 公共的性格を有するもの及びそれに類するものに係る広告
(2) 市内に事業所又は事務所を有するものに係る広告
2 前項において、同一の基準で広告掲載が適当であると認めるものが複数ある場合は、広告掲載期間の長い広告を優先する。同一の優先順位における広告の申込みが広告枠数を超える場合は、原則として申込み順とする。
(広告掲載料金の納入)
第8条 広告掲載が決定した者(以下「広告主」という。)は、市長の指定する期日までに広告掲載料金を納入しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めたときは、この限りでない。
(掲載の取消し)
第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、広告掲載の決定を取り消すことができる。
(1) 指定する日までに掲載料金の納付がないとき。
(2) 指定する日までに広告原稿の提出がないとき。
(リンクの一時的解除)
第10条 市長は、広告の掲載後に、リンク先のホームページの内容等が第3条各号のいずれかに該当するときは、リンクの一時的解除を行い、広告主に対してリンク先のホームページの内容等の変更を求めることができる。
(広告の削除)
第11条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、あらかじめ広告主に対して通知することなく、広告の掲載の一時中止又は広告の削除をすることができる。
(1) 前条の規定による変更の求めに広告主が応じないとき。
(2) 掲載した広告が第3条各号のいずれかに該当することが判明し、若しくは新たに出現したとき。
(審査会)
第12条 広告の掲載内容に疑義が生じた場合に、その掲載の可否を審査するため、佐渡市広告掲載審査会(以下「審査会」という。)を置く。
2 審査会は、次に掲げる委員をもって組織する。
(1) 総務課長
(2) 総合政策課長
(3) 市民生活課長
(4) 観光商工課長
(5) 学校教育課長
(6) 審査の対象となる広告媒体を所管する課等の長
3 審査会に委員長及び副委員長を置く。
4 委員長は総務課長をもって充て、副委員長は、委員長の指名する委員をもって充てる。
5 委員長は、会務を総理し、委員会を代表する。
6 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は欠けたときは、その職務を代理する。
7 審査会は、必要に応じて委員長が招集し、議事は、出席委員の過半数をもって決定し、可否同数のときは、委員長の決するところによる。
8 審査会は、審査に必要があると認めるときは、関係者の出席を求めて意見若しくは説明を聞き、又は関係者に対して、必要な資料の提出を求めることができる。
9 審査会の会議を招集する暇がないと委員長が認める場合は、文書を持ち回りの上委員に合議することをもって、審査会の審査に代えることができる。
(平20告示95・平22告示62・一部改正)
(掲載料金の還付)
第13条 納付された広告掲載料金は、還付しない。ただし、広告主の責めに帰さない理由により広告の掲載ができなったときは、この限りでない。
(広告主の責務)
第14条 広告の内容に関する一切の責任は、広告主が負うものとする。
(その他)
第15条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。
附 則
この告示は、公布の日から施行する。
附 則(平成20年3月24日告示第72号)
この告示は、平成20年4月1日から施行する。
附 則(平成20年4月1日告示第95号)
この告示は、平成20年4月1日から施行する。
附 則(平成22年3月31日告示第62号)
この告示は、平成22年4月1日から施行する。

別表(第4条関係)
(平20告示72・一部改正)
1 市報さど
区分
位置
規格
掲載料金(1回につき)
1号広告
市が指定する位置
縦60mm横57mm 1色刷
10,000円
2号広告
縦60mm横87mm 1色刷
15,000円
3号広告
縦60mm横176mm 1色刷
30,000円
備考 同一申込者が1度に申し込める広告は、広報紙1号につき1件とし、当該広告の掲載期間は、3月以内とする。
2 市民環境大学受講生募集パンフレット
区分
位置
規格
掲載料金(1回につき)
1号広告
市が指定する位置
縦60mm横57mm カラー刷
5,000円
2号広告
縦60mm横87mm カラー刷
7,000円
3号広告
縦60mm横176mm カラー刷
15,000円
備考 パンフレットは、年度当初に作成し、年1回各戸及び関係機関へ配布する。
3 ホームページ
区分
位置
規格
掲載料金
市ホームページ(トップ)
トップページ左下
縦60ピクセル
横165ピクセル
容量10KB以内
1月につき
10,000円
市ホームページ(その他)
その他のページ左下
縦60ピクセル
横132ピクセル
容量10KB以内
1月につき
5,000円
市民環境大学ホームページ
トップページ右
縦65ピクセル
横170ピクセル
容量10KB以内
1月につき
5,000円
備考
1 データ形式は、GIF、JPEG又はPNGとし、画像が変化又は移動する場合は、目への負担が大きくならないように、また光感受性発作を誘発させないようにしなければならない。
2 掲載期間は、原則として1月単位とし、掲載申込みのあった期間とする。ただし、年度を越えての申請はできない。
3 複数枠を希望する場合の金額は、掲載金額に枠数を乗ずる。規格は、縦ピクセル数及び容量に枠数を乗ずる。

様式第1号(第5条関係)

有料広告掲載申請書

年  月  日 

 佐渡市長          様

申請者            

住所              

会社名等            

代表者名          印 

電話番号 (     )     

FAX番号 (     )     

 佐渡市有料広告掲載取扱要綱第5条の規定により、掲載原稿を添えて、次のとおり申請します。

   □広告する媒体等

 

   □広告掲載希望号、掲載希望期間

 

   □広告の希望区分

 

   □バナー広告よりリンクするホームページアドレス

 

 

 

 

 

 

 

※ 希望する掲載原稿と版下データを添付し、申請してください。

※ 掲載希望原稿には簡単な内容説明と申請者の会社概要を添付してください。

※ 版下データをそのまま掲載します。校正は行いませんので、内容に間違いのないようご注意ください。

様式第2号(第6条関係)

有料広告掲載(非掲載)決定通知書

年  月  日 

          様

佐渡市長          印 

    年  月  日付けで申込みのあった広告の掲載について、次のとおり決定したので通知します。

 

1 次の条件を付して掲載します。

 (1) 広告媒体

 

 

 (2) 広告掲載料は、納入通知書を発した日から15日以内に指定金融機関に納入すること。

 (3) 掲載が決定したときは、原則として掲載者は掲載の取下げはできない。

 (4) 次のいずれかに該当するときは、この決定通知を変更し、又は解除することができる。

   ア 広告媒体において発行上重要な変更が生じたとき。

   イ 広告媒体において編集上重要な支障が生じたとき。

 

2 掲載しません。

 (理由)