○佐渡市病院事業の出納事務等に関する佐渡市会計管理者の事務専決規程
平成19年4月1日
訓令第22号
(趣旨)
第1条 この訓令は、佐渡市病院事業の設置等に関する条例(平成16年佐渡市条例第296号)第8条の規定に基づき、佐渡市病院事業の出納その他の会計事務に係る会計管理者の権限の属する事務のうち、福祉保健部長、保健医療課長、病院事務部長、業務課長及び施設課長(以下「部長等」という。)が専決する事項及び代決する事項について定めるものとする。
(専決事項)
第2条 部長等は、別表に掲げる事項について専決するものとする。
(専決の制限)
第3条 部長等は、前条に規定する事項であっても、次の各号のいずれかに該当すると認める事項については、会計管理者の決裁を受けなければならない。
(1) 特に会計管理者から命ぜられた事項
(2) 重要又は異例な事項
(会計管理者の決裁事項の代決)
第4条 会計管理者が不在のときは、福祉保健部長が代決するものとする。
(福祉保健部長の専決事項の代決)
第5条 福祉保健部長が不在のときは、保健医療課長が代決し、福祉保健部長及び保健医療課長が不在又は欠けたときは、病院事務部長又は保健医療課長補佐が代決するものとする。
(保健医療課長の専決事項の代決)
第6条 保健医療課長が不在のときは、病院事務部長又は保健医療課長補佐が代決するものとする。
(代決後の処理)
第7条 代決した事項については、速やかに後閲を受けなければならない。ただし、簡易な事項については、この限りでない。
附 則
この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

別表(第2条関係)
【収入】
単位:千円
区分
福祉保健部長
保健医療課長
病院事務部長
業務課長
施設課長
医業収益
     
   
 
うち他会計負担金
10,000以上
10,000未満
10,000未満
 
医業外収益
     
   
 
うち他会計補助金
他会計負担金
10,000以上
10,000未満
10,000未満
 
諸収入
 
10,000以上
 
10,000未満
資本的収入
10,000以上
10,000未満
10,000未満
 
財産収入
5,000未満
1,000未満
   
寄付金
企業債
     
一時借入金
     
未収金
     
預り金
     
前記以外の収入金
     
【支出】
単位:千円
区分
福祉保健部長
保健医療課長
病院事務部長
業務課長
施設課長
給与費
     
材料費
     
経費
5,000以上
5,000未満
5,000未満
1,000以下
   
 
旅費交通費
県外
県内
県内
島内
食糧費
200以上
200未満
200未満
50以下
使用料及び賃借料
10,000未満
2,000未満
2,000未満
500以下
通信運搬費
     
委託料
20,000未満
10,000未満
10,000未満
1,000以下
交際費
100以上
100未満
100未満
 
公課費
     
補償補填及び賠償金
10,000未満
5,000未満
   
支払利息及び企業債取扱諸費
     
資本的支出
       
   
 
工事請負費
50,000以上
50,000未満
10,000未満
5,000以下
器械備品購入費
10,000以上
10,000未満
2,000未満
500以下
投資及び出資金
30,000未満
5,000未満
   
繰出金
 
   
寄付金
10,000以上
10,000未満
   
預り金
     
予算流用・予備費充用
     
上記以外の現金
     
【振替】
単位:千円
区分
福祉保健部長
保健医療課長
病院事務部長
業務課長
施設課長
現金・預金の出納を伴うもの
   
 
現金・預金の出納を伴わないもの