○佐渡市心身障害者及び精神障害者通所援護所等通所費補助金交付要綱

平成16年3月1日

告示第36号

(趣旨)

第1条 この告示は、本市に居住する心身障害者及び精神障害者(以下「障害者」という。)が、佐渡地区心身障害者通所援護所等に作業のため通所するに必要な交通費の一部を補助することに関して必要な事項を定めるものとする。

(交付額の算定方法)

第2条 補助金の基準額は、交通機関の発行するバスの運賃とし、通所に係る往復分の運賃に4分の1を乗じた後、通所日数を乗じて得た額を補助金の交付額とする。ただし、円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てるものとする。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号のいずれかに該当する場合に係る往路又は復路分の運賃は、補助金の基準額から除く。

(1) 市が運営する車両によって通所した場合

(2) 佐渡市福祉タクシー利用料金助成事業実施要綱(平成16年佐渡市告示第27号)の規定により、福祉タクシー利用券を使用し、通所した場合

(平30告示204・全改)

(交付申請書)

第3条 補助金の交付を受けようとする障害者又はその保護者は、毎月10日までに、その前月に係る通所費助成申請書(様式第1号)を市長に提出しなければならない。

(平23告示90・平28告示66・一部改正)

(補助金の交付決定通知)

第4条 前条の規定により補助金の交付が決定された場合は、通所費助成決定通知書(様式第2号)により障害者又はその保護者に通知するものとする。

(補助金の支給)

第5条 補助金の支給は、毎月末日(休日の場合はその前日)までに行うこととする。

(平23告示90・一部改正)

(補助金の停止)

第6条 通所者が次の各号のいずれかに該当する場合には、第2条及び第5条の規定による補助金の交付を停止する。

(1) 死亡したとき。

(2) 住所を本市以外に移したとき。

(補助金の返還)

第7条 補助金の交付を受けた者が、第3条の規定による申請書に虚偽又は不正の記載があった場合には、補助金の全部又は一部を返還しなければならない。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この告示は、平成16年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日の前日までに、合併前の相川町心身障害者及び精神障害者通所援護所等通所費補助金交付要綱(平成12年相川町制定)、畑野町精神障害者通所作業所通所費補助事業実施要綱(平成13年畑野町告示第36号)又は羽茂町障害者施設通所費助成交付要綱(平成13年羽茂町訓令第8号)の規定によりなされた手続その他の行為は、それぞれこの告示の相当規定によりなされた手続その他の行為とみなす。

附 則(平成23年3月31日告示第90号)

(施行期日)

1 この告示は、平成23年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 この告示の施行の日前に障害者が通所するために要した交通費の補助金の交付については、なお、従前の例による。

附 則(平成28年3月30日告示第66号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日告示第204号)

この告示は、平成30年4月1日から施行する。

(平23告示90・一部改正、平28告示66・旧様式第1号の1繰上・一部改正)

画像

画像

佐渡市心身障害者及び精神障害者通所援護所等通所費補助金交付要綱

平成16年3月1日 告示第36号

(平成30年4月1日施行)