○佐渡市公的病院運営費補助金交付要綱

平成25年3月25日

告示第43号

(趣旨)

第1条 この告示は、市内の医療体制を確保することを目的に、公益法人等が開設した病院(以下「公的病院」という。)の運営事業に要する経費について、予算の範囲内において補助金を交付するものとし、その交付に関しては、佐渡市補助金等交付規則(平成16年佐渡市規則第55号)に定めるもののほか、この告示の定めるところによる。

(交付基準)

第2条 この補助金の交付対象となる者(以下「事業主体」という。)は、新潟県厚生連羽茂病院とする。

2 補助金の交付額は、事業主体における当該年度の医業利益(医業収益から医業費用と管理部費用配賦を引いた額をいう。)が損失となる場合において交付するものとし、その交付額は、次により算出された額とする。

(1) 当該年度の損失額と当該年度の前5年度における平均の損失額とを比較して少ない方の額を選定する。

(2) (1)により選定された額に3分の2の補助率を乗じる。

(3) (2)により補助率を乗じた額に100万円未満の端数が生じた場合は、これを切り捨てる。

(平29告示79・全改)

(交付申請)

第3条 事業主体は、この補助金の交付を受けようとするときは、公的病院運営費補助金交付申請書(様式第1号)により市長に申請しなければならない。

(交付決定)

第4条 市長は、前条の規定による申請があったときは、その内容を審査の上、交付の可否を決定し、公的病院運営費補助金交付(不交付)決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

(実績報告)

第5条 事業主体は、補助事業が完了したときは、公的病院運営費補助金実績報告書(様式第3号)に関係書類を添えて、速やかに、市長に提出しなければならない。

(額の確定)

第6条 市長は、前条の報告を受けた場合において、当該事業の成果が交付決定の内容及びこれに付した条件に適合すると認めるときは、交付すべき補助金の額を決定し、公的病院運営費補助金交付額確定通知書(様式第4号)により通知するものとする。

(補助金の請求)

第7条 市長は、前条の規定により額の確定を行った後、事業主体から提出される公的病院運営費補助金請求書(様式第5号)により補助金を交付するものとする。

2 市長は、必要があると認めるときは、前項の規定にかかわらず概算払いをすることができる。

3 前項の規定により概算払いをする場合の請求書については、第1項の請求書について準用する。

(その他)

第8条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この告示は、公表の日から施行する。

附 則(平成28年3月30日告示第60号)

この告示は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月31日告示第79号)

この告示は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

佐渡市公的病院運営費補助金交付要綱

平成25年3月25日 告示第43号

(平成29年4月1日施行)