※島内で見られる主な食用キノコです。
                                 (写真はきのこ図鑑より)
   傘は6〜12cm、成長すればややじょうご方になり、表面は中央部を除いて細かくひび割れ、淡緑色の地はだに濃色のかすり模様をあらわす。ひだは白色のち淡クリーム色となり、やや密、柄は長さ5〜10cm、太くてかたく、白色。夏〜秋、広葉樹林内の地上に発生。   
 アイタケ    
   傘は径3〜10cm。表面はビロード状で黄褐色〜帯褐オリーブ色、時にひび割れ、黄色の肉を露出させる。管孔は帯緑黄色、傷つくとやや青変する。柄の表面は淡黄色〜淡褐色で、しばしば上部に縦の隆起線をあらわす。肉は淡黄色、多少青変性がある。夏〜秋、広葉樹下に発生。   
    アワタケ 
   傘は径2.5〜7cm、まんじゅう形からほとんど平らに開く。表面は粘性なく平滑または小形の内生鱗片を有し、初め淡帯黄色、手で触れると赤みがからついには粘土色から橙黄褐色となる。肉は最初白色、傷つけると黄変しのち次第に橙〜帯褐橙黄色に変わる。無味またはあと味がやや苦い。ひだは直生〜やや離生、淡黄土色〜橙黄色、やや密。   
 イロガワリフウセンタケ    
   傘は径5〜9cm、開けばほぼ平らになり、表面は灰褐色で放射状の繊維紋がある。ひだは密、初め白色のち肉色。柄は長さ6〜12cm、白色の地に傘と同色の繊維紋がある。   
    ウラベニカサ 
 傘は初めまんじゅう形で後には平らに開く。表面には細かいささくれがあり、色は赤褐色から黄褐色。ひだは柄に直生からやや垂生気味で並び方はややあらい。 柄は傘とほぼ同色で繊維状の模様があり、根もとは紫褐色の菌糸でおおわれる。  
オオキツネタケ    
   傘は半円形〜丸山形、幅2〜8cm、厚さ0.5〜2.5cm、表面は白のち黄ばみ、無毛、無環紋。肉は柔軟な肉質。乾けば軽くもろくなる。下面の色は表面と同じ。   
    オシロイタケ 
   傘は径6〜10cm、まんじゅう形からほとんど平らに開き、さらにややじょうご型にくぼむ。表面は湿った時粘性があり、平滑で、紫、淡紅、青、緑、オリーブ色など種々の色の物があり、またこれらの色の混じった物があり、極めて変化に富む。ひだは直生からやや離生で、色は白色でやや密。ひだはアイタケよりも弾力性はあり、クロハツのようにぼろぼろにはならない。   
 カワリハツ    
  梅雨期から秋まで庭先や竹林、林地などに発生する。きのこがちょうどスッポンの首の様に伸び出すことからスッポンタケの名がある。きのこには悪臭があり、 この臭気にさそわれてハエなどが集まってくる。きのこの胞子はハエなどの体に付着してあちこちにまき散らされる。   
  スッポンタケ 
   幼菌は白色の外皮膜におおわれ卵形であるが、しだいに膜の上部が破れて赤〜橙赤色の傘が現われる。傘は開けば径6〜18cm、周辺に放射状の溝線をあらわす。ひだは黄色、柄は長さ10〜20cm、黄色の地に帯赤色のだんだら模様が有り、上部に橙黄色のつば、基部に白色のつぼがある。   
 タマゴタケ    
   傘は径5〜12cm、初め中央のくぼんだまんじゅう形、開けばついにはややじょうご形となる。表面は帯褐黄色、オレンジ褐色または暗褐色で微粉状。ひだは類白色〜淡黄色、しばしば褐色のしみができ、蜜。柄は6〜10p×15〜30mm、表面は傘と同色。肉には一種の臭気があり、乾燥すると干しニシンの匂いを放つ。   
     チチタケ
   傘は径5〜7cm、生長すれば平らに開き、表面は灰色〜灰褐色、しばしば白色の鱗片をつけ長い放射状の溝線がある。ひだは離生し、白色。柄は9〜12cm×10〜15mm、上方にやや細まり、白から淡灰色、つばはなく、基部に白色膜質、さや状のつぼがある   
 ツルタケ    
   傘は初め半球形から饅頭形で後にはほぼ平らに開く。表面の色は赤褐色から暗褐色で、著しくぬめる。管孔は柄に直生し、孔口は初めクリーム色のちには黄褐色になる。 柄は淡黄色で表面には黄色から淡褐色の微細な粒点があり、膜質帯紫色のつばをもつ。   
    ヌメリイグチ 
   傘は径5〜10cm、表面は淡紅褐色、淡黄赤褐色などで、濃色の環紋があり、湿れば多少粘性を帯びる。ひだは淡黄色でワイン紅色を帯び、密。柄は長さ2〜5cm、表面は傘とほぼ同色。子実体は傷つくと暗赤色の乳液がにじみ出て、やがて青緑色の染みに変わる。古くなるとほぼ全体が青緑色となる。夏〜秋、アカマツ・クロマツなどの林内に発生。   
 ハツタケ    
    梅雨期から秋にかけて林内や庭先などの地上に発生する。若いうち(きのこを2つに割ってみて内部が白い時)は食用になる。きのこが成熟すると茶褐色から灰褐色に変色し、頂部に孔ががあいてそこから胞子が飛び出す。表面には初めとげがついているが、やがて脱落してしまう。  
  ホコリタケ 
   傘は径5〜15cm、時に25cm以上となり質は強じん、表面は白〜淡黄色の地に淡黄土色〜暗褐色の燐片を付け、時にひび割れができて白い肉をあらわす。ひだは白色、やや疎、縁は鋸歯状、柄は長さ2〜8cm、表面は白〜淡黄色で褐色のささくれがあり、上部にはひだに続く線がある。肉質は白色、松やに様のにおいがある。   
 マツオウジ    
    傘は初め半球形からまんじゅう形、後には平たいまんじゅう形から平らに開く。色は茶褐色で表面は繊維状のささくれに密におおわれる。 ひだは初め紫褐色で後には黒紫褐色になる。並び方は密で柄に上生から直生する。柄は、淡褐色で褐色のささくれでおおわれる。上部に白色のつばをもつが、 胞子が成熟すると落下した胞子で黒色をおびるようになる。  
     ムジナタケ
   傘は5〜10cm、表面は湿るとやや粘性があり、暗紫色で、しばしば黄色、オリーブ色、褐色などの色がまだらに混じる。管孔は初め白色、のち淡黄色から黄褐色となる。孔口は幼時白色の菌糸でふさがれる。柄は長さ7〜9cm、暗紫色の地に白色の網目模様がある。肉は白色で厚く、空気に触れても変色しない。   
 ムラサキヤマドリタケ