ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 トップページ > 分類でさがす > 市政情報 > 広報・広聴 > 市政へのご意見 > 2020年度:主なご意見・ご提言と回答(教育・スポーツ・文化)

本文

2020年度:主なご意見・ご提言と回答(教育・スポーツ・文化)

記事ID:0017702 更新日:2021年3月1日更新 印刷ページ表示

本ページの目次


コロナ禍における学校給食関係職員の業務について

受付日:4月22日

緊急事態宣言の最中、数人のために学校給食に関わる正規、非正規の人達を不要不急で出勤を続けさせる理由はあるのですか。僅か数人、給食に替わる物はありますよね。たった数人のため、替わりがあり、出来ることがあるのにしないで、これで職員が感染したら誰が誰の責任ですか。

回答

回答日:4月27日(担当:学校教育課)

現在全国を対象に緊急事態宣言が出されている状況であり、佐渡市においても4月25日から5月6日の間、市立小中学校の休業を行っており、小中学校の給食は提供していません。しかし、市内幼稚園は開園しております。そのため、給食の提供を引き続き行う必要があります。その他に、給食調理場の清掃などの業務を行うため、調理員に対して通常勤務を指示しております。

職員の感染防止につきましては、市職員のほとんどが通勤に自家用車を使用し、通勤時の三密が発生しないようにしています。また、健康管理として平時より、出勤前の検温(記録)、健康チェックを毎日実施しており、感染を未然に防ぐよう努めております。

新型コロナウイルス感染防止と小中学校の臨時休業について

受付日:4月25日

観光客を受け入れてこれからの子どもたちの学校休校を延ばす。これは愚策だと思います。いつまでも持っているかもわからない保菌者を受け入れ続けていては学校休校の延長をいつまでも続けなければならなくなると思います。愚かです。今新学年が始まってサァどうする、先月のツケが残ってるぞとなっているのです。それをさらに子ども達に負担を強いるのですか。勉強の必須単元をこなすために時間がいるのに、観光客は来てくれ、おかしくありませんか。本土のどこかの県は宿泊施設に休業を申し入れたそうです。今入っている予約をキャンセルしてくれと。佐渡もそれが必要ではありませんか。人数少ない学校です。奇数日に奇数学年、偶数日に偶数学年が授業してもいいのではありませんか。

回答

回答日:4月28日(担当:学校教育課、観光振興課)

市立の小学校・中学校の臨時休業の決定は、国や県の方針及び各市町村の実態に即し、設置者が臨時休業の実施の有無、期間などを決定します。臨時休業を実施する場合は、各学校で児童生徒へ家庭学習等について事前指導をしています。また、臨時休業中は、電話連絡や家庭訪問等により、児童生徒の学習状況を把握しています。今後、臨時休業が長引く場合は、登校日の設定や時差登校など、工夫していくことを検討しているところです。

佐渡島内の主要な宿泊施設は、4月29日から5月6日までの間、佐渡観光旅館連盟の協力により休業いただく予定です。ご指摘のとおり一部の宿泊施設では営業をしていますが、これは宿泊施設間で役割分担をしていただき、島民に限っての宿泊を受け入れている状況です。

小学校スクールバスの運行について

受付日:5月5日


わが子は、自宅から小学校まで約2キロの道のりを歩いて登校しています。この2キロの道のりには大人でも大変な坂道がいくつもあります。その道のりを近くに同学年の子どももいないために毎日一人で歩いて下校します。島内で不審者の情報などもあったことから学校にも相談しましたが、対応のしようがないという感じの返答でした。また、朝の登校の問題として天候不良の場合は(各自)自由登校という保護者が登校の方法を選択して登校させるシステムだそうで、話を聞くと祖父母や親が車で送迎しているとのことでした。強風と雨が降る中で徒歩で登校するのは大変だということで、自由登校というシステムが誕生したのだと思いますが、祖父母がおらず保護者が早朝から勤務の家庭やひとり親の世帯はどうするのだろうと気になります。今の小学生のランドセルは非常に重く、わが子は登校するだけで疲れると話をしています。体力向上のための徒歩通学だと思いますが、現在の登校状況では体力のない児童にとっては本末転倒だと思います。そういう児童は保護者の判断で送迎してもいいと学校は説明していましたが、そこまで学校は関知できないという理由の方が大きいような回答でした。

これから暑くなれば熱中症、日が短くなれは事故や不審者などいろいろなケースが考えられる中で、佐渡市として十分に対応していないと思います。冬期間はスクールバスが出るような話も聞きましたが、なぜ年間を通してスクールバスを出さないのか、現状の対応で、事故があった際、学校の設置者である佐渡市として、すべての子どもに誠実で適切に対応しているといえるのか、お答えいただきたいと思います。願わくば、通学に実測で2キロ以上の地域の子どもには年間を通してスクールバスを提供して欲しいと思います。環境に優しい島という前に、そこに子どもや親が定住したいと思えるような環境整備をしてください。ぜひ、回答される方は子供が持つランドセルと同じ重さのランドセルを背負い悪天候の中を歩いてから回答してほしいと思います。

回答

回答日:5月11日(担当:学校教育課)

本市の小学校への遠距離通学に対するスクールバス運行の通年支援は、ご自宅から片道4キロメートル以上ある場合に実施させていただいております。○○様のご自宅から小学校までは、この支援対象の距離を満たしていないため、スクールバス運行の対象とすることができないこととされております。他の学校からもスクールバスに乗せてほしいとの相談はありますが、この支援対象は本市の全学校に関わりますので、お子様へのご心配のお気持ちは、痛いほど伝わっておりますが、本市の統一ルールとして、何卒ご理解いただきますようお願いします。

県立中等教育学校の定員割れについて

受付日:6月24日


地域の中等教育学校の閉鎖に関するニュースを聞いた。県教育委員会が募集の定員割れが続いているのを理由に閉鎖を検討しているとのこと。そもそも中等教育学校は設立から20年経ってなく、まだ「役割が終わった」とかではなく、試行錯誤の期間にあるとも言えるのではないか。それを「定員割れ」を理由に早急に「閉鎖」を検討するのは、時期尚早に感じられる。地域だけでなく在校生や卒業生に対して、どのような説明になるのか。

では、具体的な志願者増に繋げるためには何をすべきか。島根県は「しまね留学」という内容で他所から生徒を集めている。この手法を参考にして、県外から生徒を募集するのも一手ではないだろうか。学校教育だけでなく、県外から来た生徒を地域全体で育てていく。地域の文化芸能や農業体験に参加させる。放課後の勉強も無料の町営英語数学塾で学ぶ等の環境を整えれば、県外から生徒を呼べると思う。生徒のために寮が必要だが、近隣の小中学校の廃校舎や空き家を改修するなどして整備する。これらは、生徒だけでなく県外からの移住者にとっても有益である。高知県梼原町では、家主から空き家や貸出を希望しても借り手が付かない家を借り上げ、改修して移住者に貸し出す方法を行い、移住者を集めている。人が住んでいない空き家が集落で増えているため、この方法で改修・貸出を行い、人口減少に歯止めをかける。この方法を生徒用の寮にも活用すべきである。さらに、中学在校生や卒業生の中途編入学も積極的に行うべきである。様々な理由で首都圏から全寮制の高校に入学する生徒がそれなりに存在する。彼らのために門戸を開放すべきであろう。もちろん学校にカウンセラーを配置し、彼らのケアも行えるようにする。新潟県は島根県や他県に比べ、新幹線のおかげで首都圏との往来がしやすい。よって県外、特に首都圏からの生徒を集めるのは、かなり有利と思う。これらの方法を行えば、中等教育学校の定員割れは解消できるのではないだろうか。

回答

回答日:6月25日(担当:総務課)

佐渡中等教育学校は県立の学校ですので、当市から中等教育学校について言及することは差し控えさせていただきますが、ご提示いただきました全国における先進事例は本市における人口減少対策の取り組みの参考とさせていただきます。

図書館協議会議事録のホームページへの掲載時期について

受付日:8月2日

図書館行政について知りたく、図書館協議会議事録の市ホームページへの掲載時期について令和2年4月13日に問い合わせたところ、「5月中に掲載する」という回答でした。しかし掲載されておらず、再度6月1日に問い合わせたところ、「会議録をホームページに掲載するにあたっての事務局での確認作業等の事務の遅れにより、5月中に掲載できなかった。7月中には掲載できるように作業を進めている」という回答でした。今、8月2日ですが掲載されていません。社会教育課からの2回の回答は、回答者(担当者)の単なる思い付きだったのでしょうか。仮に、再再度掲載の時期を問い合わせると「事務の遅れにより7月中に掲載できなかった。今年度中には掲載できるように作業を進めている」という回答になるのでしょうか。市民からの問い合わせに対して、回答者(担当者)が単なる思い付きで回答するのではなく、市役所として責任を持ち、真剣に、真摯に回答してください。

回答

回答日:8月11日(担当:社会教育課)

ホームページへの掲載が遅れていますこと、お詫び申し上げます。図書館協議会会議録については、平成29年度以降、平成29年度分2回、平成30年度分4回、令和元年度2回の計8回分が未掲載となっています。複数回分の会議録があり、資料との照らし合わせや発言内容の確認作業に時間を要すること、また、コロナ対応の突発的な業務もあり、予定していた掲載時期を過ぎてしまっている状態です。現在、令和元年度分の会議録作成は完了しております。他年度分についても順次、作業を進めており、完了後に一括して掲載する予定です。9月中には掲載したいと考えています。先の回答は、その時点での状況を踏まえて判断したものですが、回答した掲載時期を守れなかったことに関しお詫び申し上げます。今後、会議録についてはすみやかに掲載していきたいと考えております。